lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ロジャー・フェデラー サインボール ウィンブルドン 2015 (テニス)

ロジャー・フェデラー選手のサイングッズ

海外のテニス通販サイトTennis warehouseでは「Roger Federer Foundation(ロジャー・フェデラー基金)」のグッズを販売しています。

TW RFederer Foundation page

 

Roger Federer Foundationは恵まれない子どもたちの利益と青少年のスポーツ促進という2つの目的のために設立されたものでフェデラー選手はユニセフ大使としての活動もされていますね。

Roger Federer Foundation

Roger Federer Foundation

フェデラー選手に限らず支援のための基金を設立している著名テニス選手は多いです。(アガシさん、ロディックさん等)

基金以外にも自身のテニスアカデミーを運営してジュニア育成に寄与している選手もいますね。(最近だとナダル選手のアカデミー)

 

  •  
  •  

 

サインボール ウィンブルドン 2015 

販売されているRF Foundationのグッズはおなじみの「RF」のロゴが入ったウェアやキャップ、カレンダーの他、サイン入りのグッズも販売されています。

今回は、サイン入りのテニスボールを購入してみました。 

Roger Federer Autographed ball

ウィンブルドン2015の公式球にフェデラー選手がサインしたものです。

ボールにはRoger Federer Foundationの証明書 (証明自体はTenniswarehouse EU) が同梱されており、2015年のボールなので既に空気が抜けて少し小さくなっている感じです。

値段は日本円で2万円程(TWEUで168ユーロ)でした。

サイトではボール以外にもサイン入りのウェアやシューズも販売されていますが、15万円位の値段の商品もあります。商品は時期により随時変わっていくのでサイン入りの2017年のウェアが欲しいとなるとその時に買うしかない感じですね。

因みにサイングッズの"サイン"は間違いではないのですが、著名人がサインするのは英語では"Autograph"と言うようです。(Autographed ball)

我々が書類の署名欄に名前をかくのはSignatureですね。

国枝慎吾選手のサインボールと並べてみる

手元にある国枝慎吾選手のサインボールと並べてみました。

フェデラー選手と国枝慎吾選手のサインボール

このサインボールはダンロップさんのプレゼント企画でいただいたものです。なんとなくテニス界の現役レジェンド選手のサインボールが並ぶ形になりました。

個人的にはこれにピート・サンプラス選手のサインボールが並べば大満足なのですが機会はあるでしょうか。。

テニス選手のサインボールの価値は?

「テニス選手のサイン入りのグッズが手元にあるんだけどいくら位の価値があるの?」という質問を見かけますね。

これについては「テニス選手のサインはほぼ値段が付かない」と言っていいはずです。

サインに価値がないという意味ではありません。テニス選手は毎日何十人という人にサインをしています。試合の後に観客にサインをする様子はテレビで見かけますが、試合前の練習後にもサインに応じますし、世界中を転戦する選手は訪れた地方で必ずツアー主催や現地関係団体のイベントに出席するのでそういった場でもサインをする機会は多いです。(先日、フェデラー選手が来日した際、150枚サインしてもらったけどWilson本社が回収してしまったという話がありましたね。これは経緯を端折ってるのだと思いますけど。)

そのサイングッズが本物か、誰のサインなのかという真贋以前に有名テニス選手のサインは世の中に溢れてしまっており、入手も比較的難しくない状態にあるのです。

日本のテニスは自分でやるもの。観戦し応援する文化は育っていない

でも、野球やサッカーなどに比べ、日本ではテニス選手のサイングッズはあまり目にしませんね。

その理由は、『日本においてテニスはマイナースポーツ』だからです。

テニスを年1回以上やる方は350万人位いるそうですが、試合会場に行って応援する、有料の衛星放送に契約して熱心に観戦する方はかなり限られます。日本においてテニスは手軽にやれる状況にある身近なスポーツだけど、試合を観戦したり選手を応援する対象としてのスポーツとしては文化がそだっていませんね。ここ5年程の錦織選手ブームでテニスに関心を持つ人は増えましたがアイコンとしての"錦織ブーム"であり本質的な"テニスブーム"ではないのはよく言われる点です。

楽天ジャパンオープンを観戦される方の多くは錦織選手以外はTOP10の著名選手でもご存じなかったり、錦織選手の試合をテレビで見るという方でも「ここに錦織選手のサインボールがあります。いくらなら出せますか?」という問いには案外 "2,000円位??" という感じだろうと思います。

Roger Federer Foundationへの寄付として

試合会場で気軽にサインしてもらえる位の状況なので、フェデラー選手のサインボールでも2万円 (+送料や税) 出して手に入れるというのは『かなり変わった人』と思われるかもしれません。でも、この金額はサインボールの価値ではなくRoger Federer Foundationへの寄付で特別高いということはないかなと思います。

日本に居る限りフェデラー選手を直接見る機会もほぼ無いですし、公式にサインを入手できる手段も皆無といっていいでしょう。興味のある方はRoger Federer Foundationのグッズ販売を利用してはどうかと思います。Tenniswarehouseを通じての購入なので敷居は高くない気がします。(FedExでドイツから1週間程で届きます。)

また、グッズの購入以外にも直接基金への寄付もできるようです。

http://www.rogerfedererfoundation.org/en/get-involved/donation/