lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

アメリカのAmazon.comでNintendo Switchを買ってみた (ガジェット)

Nintendo Switchの販売状況

ふと思い立ってNintendo Switchを買ってみました。

店頭及びネット販売で在庫無し状態が続いていたNintendo Switchですが、2017年11月中旬現在、Amazonでは毎日のように少量ですがAmazon自身による定価販売が行われているようです。本体のみ、オデッセイやスプラトゥーン2のパッケージ、及びこれとゲームソフト(ポッ拳等)のセット販売などで、Switchの販売情報を知らせるTwitterアカウントをフォローしているとその頻繁さが目立つようになってきました。

Amazon以外でもオムニ7 (セブン&アイの通販サイト)でもまとまった予約販売があったり、他の家電系通販サイトでもAmazon程ではないですが散発的に在庫有りになったりしています。

オムニ7 Nintendo Switch

実はプレゼント用にオムニ7でスーパーマリオオデッセイセットを1つ注文できたのですが、自分でも使ってみたいと思い、他のものを注文するついでに米国Amazon.comでNintendo Switchを注文してみようかと思いました。

注文できるなら国内で買えばいいのでは?? と言えるのですが、注文した時点とこれを書いている時点では注文できる状況が変わってきています。ブラックフライデーやクリスマスに向けて各社が在庫を揃えつつある感じなのでしょう。ただ、12月上旬を過ぎればまた注文しづらくなる気がします。後は完全にネタですね。 米国版のNintendo Switchを持っていても目に見えて特別感がある訳でもないようですから。

 

  •  
  •  

米国Amazon.comでのSwitchの在庫状況

米国Amazon.comでNintendo Switchの在庫を見てみると、本体 (グレー / ネオンブルー ネオンレッド )、セット (スーパーマリオオデッセイセット)のいずれもほぼ注文できる状態です。

表示的には『○○月○○日に入荷予定』か『一時的に在庫無し』だったりですが、一日の中でもステータスが変化しずっと品切れということはありません。転売価格の出品が並ぶ日本のAmazonとはかなり状況が違います。

Amazon.comのNintendo Switch

本体のみの価格は299ドルで販売されています。

注文する

米国から日本へ送付できない商品もありますがNintendo Switchは発送可能でした。

注文したのは11月8日です。本体のみのグレーを注文しました。

元々Amazon.comではアカウントを持っていたのでオーダー自体は日本のAmazonで注文するのとほぼ同じ。表示は英語ですが日本のAmazonとメニュー表記等もほぼ同じです。アカウントで日本の住所は登録済みですからそこに発送するなら注文にあたって住所を入力したり海外発送についての確認をあれこれされることもありません。

発送方法は3種類から選べます。(金額は11月23日現在)

Amazon.comの3つの配送方法
AmazonGlobal Standard Shipping (11.76ドルで9~12営業日で到着)

AmazonGlobal Expedited Shipping (18.16ドルで6~10営業日で到着)

AmazonGlobal Priority Shipping (28.86ドルで2~4営業日で到着)

今回は真ん中のAmazonGlobal Expedited Shippingを選びました。(私が注文した時は17.6ドルだったようです。)

営業日と書いてあるのがポイントで海外通販サイトで注文する際、現地の土日は発送業務が行われないことが多いです。(日本の大手通販サイトがちょっと異常なのかも。。)

週末を挟むと発送 + 通関手続きの2回止まってしまい届くまでの日数が増えるので注文する際は到着予定日を踏まえて注文する曜日を考えた方がいいかもしれません。

トータルの価格 

Before Tax: $317.61
Import Fees Deposit: $25.41
Estimated Tax: $0.00
Order Total: $343.02

税引き前 (Before Tax)が本体 299ドル + 送料 17.6ドルの合計ですね。

Import Fees Depositは関税、消費税、配送業者の支払手数料を含めた諸費用相当額を予めAmazonに支払っておくことで商品到着時 (または到着後) に別途これらを支払う手間を省くものです。海外から商品を購入する際、税金の支払いは手間ではあるのでありがたい制度だと思います。因みに税金等がかからないケースや多くもらい過ぎた場合は返金されることがあるようです。

一応、注文時の支払いとしては343.02ドル、カードで支払った請求額としては40,450円になりました。本体のみで40,450円というのは日本のAmazonにおいて転売価格で販売されているものとほぼ同じ位ですね。

どうしても転売屋さんから買いたくないけど確実に注文したいという方以外はおすすめできる感じでもないです。初期不良があった場合や修理が必要となった場合に面倒ですからね。

また、今回はアカウントを持っている米国のAmazon.comで注文しましたが、ネットで見るとヨーロッパのAmazonで注文された方も居るようなのでそういった場合はまた費用が違ってくるかもしれません。

商品到着まで

11月8日に注文、11月11日に出荷完了のメールが届き、そちらには11月22日の配達予定と書いてありました。AmazonGlobal Expedited Shipping は6~10営業日で到着となっているので11月22日は10営業日目位にあたります。

配送はi-parcelが担当、国内での配送は佐川急便でした。

配送状況 (Amazon.com)

Amazon.comで確認する配送状況

国内での問い合わせ番号を確認

ステータスが "Package has left the carrier facility" になったタイミングでi-parcelに『国内での問い合わせ番号』を確認しました。これが分かると国内での配送を担当する佐川急便のサイトで確認ができるようになります。

簡単ですがこんな感じのメールで問い合わせます。

 

Title: Inquiry about Tracking Number in Japan

Dear Support,

I'm xxxxxxx.

I confirmed what my package was shipped to Japan.

Could you inform me of it's tracking number in Japan?

My package number is xxxxxxxxxxxxxxxxx.

Thank you.

 xxxxxxx

 

2時間程で担当者からメールで回答がありました。

 

Hi xxxxxxx,

Thanks so much for reaching out to us. Great news, your order is on it's way! It's going to be delivered to you by Sagawa under local tracking number xxxxxxxxxxxxxx. You can monitor your order's progress at https://tracking.sagawa-sgx.com/sgx/trackeng.asp
Don't worry if you can't see tracking with them right away, tracking won't become available with them until they receive your parcel.

Feel free to come back to us with any questions or concerns you may have.

All the best,

xxxxxx

Sagawa Global Trackingのサイトで配送状況を確認

Sagawa Global Trackingで確認する配送状況

一番下に国内伝票番号が表示されていますが、これが表示されるのは佐川急便が通関手続き後に荷物を受け取った後です。成田から遠くない地域であれば国内伝票番号が表示されたその日には荷物が届く位なので、配送状況確認用というよりも再配達や配送に問題があった場合の確認用という感じでしょうか。

 

 

 

届いたNintendo Switch

Amazon.comから届いた梱包

側面や裏面の英語表記がなければ国内版と目立った違いはないようです。

米国版Nintendo Switch パッケージ外観

米国版Nintendo Switch パッケージ内容1

説明書は英語表記です。それ以外の同梱物は国内版と同じだろうと思います。

付属品を覆っている袋やプチプチまで同じ仕様ですね。

米国版Nintendo Switch パッケージ内容2

米国版なのでACアダプタも全く同じ。そのまま使えます。

米国版Nintendo Switch 電源アダプタ

本体背面

米国版Nintendo Switch 本体背面 表記

Joy-Conの裏側の表記を見てみたのですが、Webで見た国内版と全く同じに見えます。

米国版Nintendo Switch Joy-Con背面 表記

セットアップ画面も全く同じ

米国版NIntendo Switch セットアップ画面

使ってみた感想

電源を入れて日本語を選べば後は全く問題なくセットアップできます。

本体や付属品にも日本語表示はないですし、設定や操作方法は日本語でいくらでも調べられるので困ることはありません。別途購入したゲームも普通に使えました。

感想というか、全く問題なく使えてグローバル展開が素晴らしいなと思いました。

2018年1月2日追記: Amazon.comから払い戻し通知が届く

Amazon.comから『Refund on order xx-xx-xxxxxxxx』といったタイトルで払い戻しの通知メールが届きました。

メールによると「Import Fee Deposit Refund: $11.69」ということで11.69ドルがクレジットカード経由で払い戻しになるようです。

「既に手続き済みだからクレジットカードで3~5営業日、銀行口座やデビットカードなら10営業日位で反映されると思うよ」と書いてありました。

通常の対応なのでしょうが、きちんとしていて印象いいですよね。