lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

片手打ちバックハンドでボールを打つ際体が開いてしまう (テニス)

片手打ちバックハンドは難しい?

私はテニスを始めた時から片手打ちバックハンドです。

両手打ちと片手打ちのどちらが良いかという話は散々されますが、個人的には『技術的な難しさは大差ない』『両手打ちバックハンドの方が片手打ちバックハンドより強いということもない』と思っています、

一般に片手打ちバックハンドが難しい、或いは否定的に言われるのは『きちんと教えられる人が周りに居ないこと』『それまで生活や運動で経験のない体の使い方をすることで自主学習しづらい』という2点だと考えます。

テニスを練習する際コーチにずっとつきっきりで教わることは余り無いし、どんなに評価の高いコーチに教わっても上達するのは自分次第です。自分なりに打ち方を解釈し再現できるようになるのが『上達』です。コーチが勝手に上達させてくれる訳でもありません。

上で書いた『きちんと教えられる人が周りに居ない』とは片手打ちバックハンドの人が少ないという事実ではなく、自分で上達するための手助けとなるヒントや情報を提供できる人が少ないという意味です。片手打ちバックハンドを打てている人でもその感覚をイメージで伝える、世間一般に言われる打ち方のコツを使って説明しても教わる側はうまく打てるようにならないのは周りを見れば明らかだと思います。(体を開かない、テイクバックで肩を入れる、ラケットは縦に振る、両腕を開くようにフォロースルー等々)

テニスの上達が自分自身による理解と再現とするなら『理解されてない』もしくは『自分自身で同じイメージを勝手に持て』ということであり、そのやり取りを『テニスは難しいから簡単には上達しない』で片付けるのは勿体無い話です。

 

  •  
  •  

 

片手打ちバックハンドがうまく打てない

打てるようになるには『自分自身で打ち方を解釈・理解し再現できるようになる』必要があります。片手打ちバックハンドの難しさは『それまでの生活や運動で経験のない体の使い方をすることでラケットを振り、ボールにうまく力を伝える方法が分かりづらい』点が大きいと思っています。

最初のつまずき『大きなフォロースルーでボールを飛ばす』

片手打ちバックハンドを最初に習う際、『横向きの状態から腕を前に伸ばしていくようにラケットを動かす』という感じで教わるでしょうか。

横向きでラケット面を打点付近に置き、手出しのボールに合わせて移動し、腕を伸ばし前に押し出すようにラケットを動かす打ち方です。ラケットを動かす際、胸を開くように両腕を伸ばせと言われます。

片手打ちバックハンド 打点

両手を広げるような片手打ちバックハンドのフォロースルー

これは基礎の基礎という感じですが、これを習った後も1年-2年とこの打ち方を守る方が居ます。

ボールを飛ばし回転をかけるラケットの持つエネルギー量は『1/2 x ラケット重量 x ラケット速度 ^2 (2乗)』で決まるので、野球のバントのように打点付近に置いたラケットの速度はほぼゼロです。これではボールは飛んでいかないし回転もかかりません。

ラケットには慣性の法則が働くので速度を持ったラケットは『勝手に前進していこうと』します。それがラケット軌道の安定に繋がります。速度がゼロなら自分の腕で動かすしかなくラケット軌道は安定しませんね。

ラケットがボールに影響を与えられるのは0.003~0.005秒と言われるインパクトの間だけ。ラケットとボールが接触していないインパクトの前、後にいくらラケットを動かしても影響は与えられません。

ボール自身が高いエネルギー量を持つ速いサーブをリターンする際ならともかく自分から打っていこうという打ち方としては適さないということです。

正しい理解としては『(打点からフォロースルーではなく) テイクバックの位置から打点付近までのラケット加速を考える。上半身を捻り、腕をリラックスさせ、肘の曲げ伸ばしや腕関節の機能を使ってラケットを加速、慣性の法則で前進しようとするラケットの動きを引き出す。』といった感じだと思います。

インパクト時点のラケット速度と安定したスイング軌道が大事ですからテイクバックの時の速度ゼロからインパクトまでの加速でそれが決まります。

リラックした状態で正しく体や腕の機能が使えていれば慣性の法則で前進するラケットに引っ張られ、腕や体は正しく見えるフォロースルーを迎えます。フォロースルーを"形"として作る必要は本来ないと思っています。

 

 

 

少し打てるようになって以降のつまずき『ボールを打つ際に体が開いてしまう』

さて、ここからが今回の本題ですが『片手打ちバックハンドでボールを打つ際、体が開いてしまう』という悩みがあります。

片手打ちバックハンドでは「ボールを打つ際に体を開くな、横向きをキープしろ」と言われます。対策として言われるのが「胸を開くように右手と左手を伸ばしてバランスを取れ」ですね。

とは言え、片手打ちバックハンドでは横向きをキープしろと言われる理由については余り説明されないかもしれません。私が考える理由としては2つあります。

1. 打点位置がズレていく

片手打ちバックハンドでスイングの中心軸となっているのは利き腕の肩です。テイクバックの位置から腕の曲げ伸ばしでラケットは加速し動いていきますが、ボールを捉える打点位置の基準となるのは中心軸である利き腕の肩の位置。それが動かない前提だから打点位置が定まるのですが、ボールを打つ際に体が回転してしまう(体が開いてしまう)と中心軸が"利き腕の肩"から"体の中心"に移ってしまいます。

図: 利き腕の肩の位置が動かなければ肩を軸に腕とラケットは進んでいく

片手打ちバックハンド スイング1

片手打ちバックハンド スイング2

図: 体が回転する (体が開く) と利き腕の肩の位置が動き、肩につながっている腕が引っ張られ、当然ラケットが進む軌道も変わる

片手打ちバックハンド 肩が開くとスイング軌道がズレる

フォアハンドでは利き手、両手打ちバックハンドにおいては非利き手を見ると、テイクバックの位置ではそれらは体の中心軸よりも後ろにあり、体を回転させていかないとそれらの肩がボールに近づけられません。

Embed from Getty Images

ボールに向けてラケットを加速させていくには肩が体よりも後ろにあっては不都合であり体の回転が必要です。また、スイングの中心軸(回転軸)は最初から体の中心なのでスイング途中で軌道がズレていくということもありません。

フォアハンドでは体を回転させて利き腕の肩を前に出していく

※体の回転が分かるよう図では体の中心を少しずつズラしてありますが、オープンスタンスから体を捻ってテイクバックを取るなら頭の位置はほぼ動かないでスイングできます。スクエアスタンスの横向きのテイクバックなら体の中心軸を前側の脚上に移動させないと体が回せないので体を捻るテイクバックよりも体の中心軸は動きます。

一方、片手打ちバックハンドにおける利き腕の肩はテイクバック時点で既に体の中心軸よりも前、ボールに近い位置にあります。

Embed from Getty Images

フォアハンドのように積極的に体の回転を使ってスイングできないマイナスはありますが体を回転させて利き腕の肩の位置がズレていけば肩関節と体の中心軸の2点が稼働していきます。スイング軌道がどんどんズレていき、フォアハンド或いは両手打ちバックハンドに比べて打点の許容範囲が狭い片手打ちバックハンドでは『正確にボールを捉えにくい』という大きなマイナス面を起こしてしまうものです。

2.ラケットの加速が落ちてしまう

ボールを打つ際、利き腕では主に、手首、肘、肩の3つの関節が稼働し、これに加えて腕の捻れも生じます。

Embed from Getty Images

テイクバックで上体をやや捻って腕関節の機能や曲げ伸ばしをうまく使ってラケットを加速させてきても、そのスイング軌道の最終的な中心軸である利き腕の肩が動いてしまえば腕や手首、肘の曲げ伸ばしによって加速してきたラケット速度が鈍ってしまいます。

ラケットは"慣性の法則により直進しつづけようとする"ので、体が開き利き腕の肩の位置が動いてしまうことは、その直進運動を違った方向(横向き)に引っ張ることになるからです。

腕のひっぱりでラケットに働く慣性の力の方向性を曲げてしまう

 

 

 

体が開く理由と開いた時にどうやって打っているのか

体が開く理由はある意味単純で『人は顔の正面、両目でボールをしっかりと見たいのでボールに対して体を正面に向けておきたいと思う』なのだと思います。

これはボレーの例でも分かります。

初心者に近い方などはボール方向の正面を向いたまま、腕を伸ばしてラケットをボールに近づけようとします。

正面向きで腕を伸ばしてラケットをボールに当てる

この打ち方ではラケット面の自由度が低く対処できるボールの範囲が極端に狭くなってしまい、腕のまっすぐ伸ばした周辺しか打てないです。

ボレーを打つ際は薄いグリップで打つこともあり、フォア側であれば体を横向きにして利き腕の肩を後に下げる、バック側であればバック側に横向きになり利き腕の肩をボールに近づける必要があります。

フォア側で右肩を後ろに下げるのはボールを打つ打点位置の幅を持たせるためです。もともとスイングをしない(=ラケット速度を上げてエネルギー量を増すことをしない)ボレーではタッチなど細かい調整が効く点が大事です。

フォアボレーのテイクバック

バック側で横を向くのは、利き腕の肩をボールに近づけることでラケットを支えやすくする、ラケットをボールに近づけることができるからです。

バックボレーのテイクバック

体をボール方向に向けておきたいというプレイヤーの心理はサーブにも現れます。

トスを上げる際はターゲットである相手コートのサービスボックスに対して横向きになるのが基本になりますが、トスを上げた直後、もしくはボールを打とうとするかなり速い段階で体をターゲット方向に回転させて、正面を向いたままボールが落ちてくるのを待って打つ方はよく見かけます。

サーブを打つ際、体をターゲット方向に速く向けたいと思う心理

これは厚いグリップで打ついわゆる羽子板サーブだけの話はありません。

サーブはコンチネンタル等の薄いグリップで打ち、ボールに回転をかけて打つのが必須です。(※空気抵抗や重力を無視しても、身長2mの人ですらネットの上10cm程度の空間を必ず通さないと無回転のサーブは入りません。)

フォアハンドやバックハンドのスライス、ボレー同様、薄いグリップで打つ以上、サーブにおける打点位置は一般に考えられるより体に近い位置で打つべきだと思います。利き腕の肩よりも前に腕やラケットが出た位置に打点を取ると "打点においてはラケットヘッドは最高地点に到達して"おり『前に押す』ことはできても回転に必要な『上や横にラケットを引き上げる』ことは既にできない状況です。

サーブで打点を前に取ると回転はかからない

120km/hで動くラケットはインパクトの0.004秒(0.003~0.005秒と言われる)の間にもボールと接触した上体で13cm前進しています。(つまり打点は1点ではなく10cm強の幅) 体の回転がラケットの加速に重要であることを考えると、体が正面、ターゲット方向を向ききった状態がボールに回転をかけるのに適切とは言えません。

Embed from Getty Images

話を戻しますが、片手打ちバックハンドにおいてテイクバックで横向きになった際、飛んでくるボールを待つのに"不安"を感じて、できるだけ速くボールを顔の正面、両目でしっかり見たいという心理が"腕の可動よりも体の回転"という動きに現れると考えています。(片手打ちバックハンドを練習している段階の話です。)

体が回転し肩が開くことで利き腕の肩は背中側に動きますが元の肩の位置からズレた分を腕立て伏せのように『手を前に押し出すこと』で調整してそのズレを埋めようとします。 

片手打ちバックハンド 体が開いた分腕を伸ばして調整しようとする

片手打ちバックハンド 体が開いた分腕を伸ばして調整しようとする2

腕を伸ばして手を前に押し出す動作は慣れていますからね。

実際、フォアハンドでも体の回転不足に対し手を前に押し出す動作で埋める打ち方をする方は居ます。ラケット速度という意味では体の回転をラケット加速に繋げた方が良いと思いますが、この打ち方はボレー同様、いわゆる『懐の深さ』となり調整のしやすさに繋がるので構わないと思います。ただ、それは元々テイクバックにおける肩の位置が後方にあるフォアハンドに限ってです。

片手打ちバックハンドの場合、体を回転させ開くことで肩の位置を後方に下げなければ、スイングの中心軸もズレずラケット速度にも影響を与えない訳ですから、肩の位置がズレることの補完を腕で行うのが正しいとは言いづらいです。

 

 

 

体が開いてしまう理由

「ボールを顔の正面でしっかりと見たいという不安が体を回転させる」というのは原因でしかありません。元々、横向きでテイクバックしていた所から体が開いてしまう、肩の位置が変わってしまうのは体の使い方に理由があるからだと考えられます。

体の中心軸で回転するからというのはそうなのですがテイクバックからのスイングの中心軸は利き腕の肩であり体の中心ではない訳ですから、肩から体へ軸が移る要因があるはずです。最近思いついた可能性の一つを上げたいと思います。

横向きの状態からボールを打つためには体を回転させる

フォアハンドにおいて横向きのテイクバックからボールを打つためには、股関節から上の上半身をボールに向けていく必要があります。ただ、その際、体の中心軸が両脚の中央にあると腰から上しか回転させられません。

横向きのテイクバックでは回転軸は両脚の間にある

そのため、体の中心軸を前側の脚上、後側の脚上のいずれかに『ズラしながら』体を回転させることとなります。これにより足先から頭までが一直線になり回転しやすくなります。

前側の脚上に回転軸を移動させて体を回転させてラケットでボールを打つ

"前側の脚上に回転軸を移動させる動作" を『体重移動』と表現していると私は考えます。体重がボールの威力に関係するなら前側の足を上げて打つプロ選手はボールが弱いということになります。オープンスタンスで体を捻る打ち方ではそもそも体の回転軸は前に動かないですし。

Embed from Getty Images

この体の回転軸の位置は、片手打ちバックハンドにおいて体が開いてしまう、肩が開いてしまう問題にも当てはまるように感じています。

つまり、ボールを打つ際、前側の脚上 (右利きであれば右脚の上)に体の中心軸が近づいてしまうと足先から頭の先までが一直線になり回転させやすくなってしまうということです。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

逆に体の中心軸を前脚側に移動しづらくする、具体的には後ろ側の脚上近くに体の中心軸を置くような状態(極端に言えば前側の足を上げて打つような状態)にすればラケットをスイングしても体は回転しづらくなります。

Embed from Getty Images

片手打ちバックハンド 体の中心軸が前側の脚上に寄らないようにして打てば体の開きを防げる

少し違うでしょうが、メジャーの強打者が構えからスイングまで後ろ足軸のまま打っているのに近いかもしれません。

Embed from Getty Images

体の軸がどこにあるかという意識は、軸足(右利きなら左足)をしっかりと踏む、踏ん張る、体重をかけるといった事と関連付けてもいいかもしれません。片手打ちバックハンドではテイクバックで体を捻ったりスタンス(クローズド)も関係してきます。フォアハンドと違い体の軸を垂直に起こしたままラケットをスイングするというのは難しいです。同じ垂直でも、頭、肩、腰、脚が組み合わさり線となって体の軸が決まってくると思います。

その辺は慣れてから考えていけばいいのですが理解としては持っておく方が良いはずです。

よく「片手打ちバックハンドはクローズドスタンスで打て」と言われるのはクローズドスタンスだと強制的に体が回りにくくなるためですが体の中心軸が前側の脚上に近いとスイング途中に足を動かす等して体を開いてしまいます。ただ「横向きをキープしろ」と言われるのと同じで理屈が伴わないと無意識に体が動いてしまうという事です。「利き腕と逆の腕を後ろに残すようにして両腕でバランスを取れ」と言われるのも意図することはともかく体の中心軸を動かさないという意味で近いのかもしれません。

Embed from Getty Images

体を開いた状態で片手打ちバックハンドを打つ代表と言えるワウリンカ選手ほどでなくても、フェデラー選手もディミトロフ選手もボールを打つ際、体は回転させていて、それが「ボールを打ち終わるまで横向きをキープする」と言われた昔からの片手打ちバックハンドとは違う点、現代的な片手打ちバックハンドだと思います。

ただ、まずは習得して安定して打てるようにならないとしようがないので体の回転を抑えて利き腕でテイクバックの位置からインパクトまでしっかりと安定的にラケットを加速させられるようになるのが大事だと思います。

スイング中に体の中心軸がどこにあるかは割と意識しやすい点だと思うので、細かい点をあれこれ気をつけるよりも違いは感じやすいのではないかと思います。テニスはどんどんシンプルにしていった方がうまくいくはずです。