lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

プロ選手はボレーの高さによってラケットの角度を変えてる (テニス)

ボレーではラケットを振らない

ボレーは基本的に明確なスイングをせずに飛んでくるボールをラケット面で捉えるショットです。物体が持つ運動エネルギー量は『1/2 x 重量 x 速度 ^2 (2乗)』で表わせるので、"スイングしたラケット"も"飛んでくるボール"もその重量と速度に応じた運動エネルギー量を持ちます。

ストロークでは距離も長く、一旦バウンドしベースラインまで飛んでくる間にボールの速度も落ちているので、スイングによりボールを飛ばし回転をかけるための運動エネルギーをラケットに持たせる必要があります。逆に、ボレーでは遠くまで飛ばす必要がない、準備の時間がない、ボールの速度も残っているという点から、ボールが持つ運動エネルギー量をラケットで反発させる、スイングをしないことで速いボールもより正確にインパクトするという点から「ラケットは振るな」と言われる訳です。

ボレーを打つ際、打点の高低差でうまく打てない

ボレーを最初に習う際は肩よりも少し高い位の位置でのミドルボレーから始めるでしょうが、ボレーを打つ打点の位置が変わって高低差や遠い・近いが生じるとうまく打てずミスをしてしまうことも多いです。

Embed from Getty Images

ボレーでは、ストロークを打つ際より幅広い範囲・打点で近い・遠い、低い・高いボールを体や腕を動かして処理しないとならず『ストロークよりも打点におけるラケット面の向きを"より明確に"イメージする必要がある』と言えます。

単に『ミドルボレーで教わる打ち方やラケット面の向きを"上下左右させる"では対応できない』ということです。("しゃがんでしまう"という方法はありますが。。)

 

  •  
  •  

 

そもそもインパクトでラケット面はどこを向くべきか

ラケットで正確にインパクトするという観点で考えるなら、ラケット面は飛んでくるボールが飛んでくる軌道の延長線上から、ボールに対し90度の角度で当たるのが最も正確にインパクトできると考えられます。これに異論のある方は居ないでしょう。ズレても5~6度の範囲に納めるべきと言われているようです。

ボールの軌道に対し90度の面でラケットを当てる

硬式テニスでは、ボールを打つ際にトップスピン、スライス等の回転をかけることが前提となってくるので、スイング軌道が『ボールが飛んでくる軌道の延長線上から』という点と異なり、ボールの下から上へ、上から下へとズレてきますが、正確なインパクトのために『インパクトにおけるラケット面がボールを打ち出し対方向・角度に90度で向いている』という点は変わらないと思っています。

「トップスピンをかけるためにはラケット面を伏せる」「インパクトにおいてラケット面は地面と垂直だ」と言われますが、前者では正確なインパクトは難しいですし、後者はスイング軌道が上がれば上がるほど面を伏せて打っているのと同じになります。

下の2つの画像は90度回転させただけでボールとラケットの接し方は同じです。

ラケット面を伏せる・ラケット面は地面と垂直

単にボールを真上に突き上げるだけなのにラケット面を上に向けない人は居ないでしょう。

ボールを真上に突き上げる

この「ボールを打ち出す方向にラケット面を向ける」「ラケット面が向いている方向にボールは飛んでいく」という大原則を敢えて無視する必要はないはずです。

プロ選手のボレーのインパクトを見てみる

プロ選手のボレーを見てみましょう。

ボレーの打ち方は選手によって違いがありますが、顕著な違いはベテランか、それ以外かという点がある気がします。テニスを教わった年代の違いという感じでしょうか。

人数は少ないもののベテラン選手 (と言ってもフェデラー選手は含まれず、ダブルス専門の選手もまた違ってきます) は、ボレーを打つ際、準備したインパクト面を前に押し出すように使う選手が多い印象です。フォアハンドも薄めのグリップで前に押し出すように打ったりしますがそれに共通する感じでしょうか。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

「ボレーではラケットを振るな」という説明に合わせて「インパクト面を作り、足を使ってボールを飛ばす 」と言われる指導にも繋がります。前述した「ラケット面が向いている方向にボールは飛んでいく」という点からも正確にボールを捉えて飛ばすという点にフォーカスした打ち方と言えるかもしれません。

一方、他の多くの選手は『もっと体に近い位置で"パチン"とボールを捉えるボレーを打っている』印象です。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

ボレーは薄いグリップで打ちますから、ボールを打ち出す角度・方向にラケット面を向けやすいのは"比較的体に近い位置に打点を取った場合"です。薄いグリップでは打点が体から離れると力が入らなくなります。

「ボレーではラケットを振るな」とは言いますが腕でも足でもインパクトに向けたラケットの動きは生じます。

理由としてはまず、『ボールを捉えるタイミングを取るため (完全に止めた状態よりボールに向けて進めている方が打ちやすい)』から。もう1つは『飛んでくるボールの球威に負けないため (タイミングと同じ。ボールに向けて動かし続ける、或いはインパクトに合わせて止める意識の方がラケットを支えやすい)』です。完全に体を止めた状態で飛んでくるボールを捉えるのは難しいですね。

「インパクトでグリップを"ギュッ"と握る」と言われる指導がありますが、(個人的には) 握ることで『ごくごく短い距離でラケットを加速させている (結果、ラケット面がインパクトで安定する)』と考える方がしっくりきます。支えるだけならインパクト以前に"ギュッと"握ってしまえばいいですからね。

ベテラン選手のように作ったラケット面を前に押すようなボレーではなく体に近い位置でパチンと打つ選手が多くなっているのは、『より体に近い位置でボレーが打てるので時間・反応面で余裕ができる (ただし思った方向に飛ばすのは難しくなる)』のと『体の構造上、ある程度腕が伸びた状態でインパクトするより、体に近い位置でボールを捉える方が腕の機能の範囲で打点の柔軟性(特に前後)が生まれる』といった辺りかと想像します。後者は足の動きでも対応できますが、足よりも腕に余裕がある方が対応はしやすいですからね。

体に近い位置でのバックハンドボレー

 

ラケット面の工夫

プロ選手のボレーで気づくことは『ボレーを打つ打点の高さによってラケットの角度が違う』ということです。

よく「ボレーを打つ際はラケットを立てろ」と言われますね。

でも、地面スレスレのボールをこうやって打つのは現実的ではないです。

ボレーではラケットを立てる

この「ラケットを立てろ」とは「腕とラケットに角度を持たせろ」ということだと思います。

何も考えずにラケットを握れば、腕とラケットには"自然と"角度ができます。

ラケットを握れば腕とラケットは自然と角度が付く

敢えて手首を伸ばしラケットを握る必要はないです。これでは腕とラケットが一直線になりラケットは肩関節だけで支えることになります。

敢えて手首の伸ばすようにしてラケットを握る

手の平は前腕の先にまっすぐ付いているのでそのまま握ればラケットと腕に角度が付くのは自然なことです。

手のひらは前腕の先にまっすぐ付いている

低い打点でボレーを打つ際は、自然とラケットを握った状態で腕を下げればいい訳です。

ラケットの角度を保ったまま腕を下げる

もっと低い打点ならこうですね。

ラケットの角度を保ったままより腕を下げる

地面スレスレのボールに対し、腕を伸ばしラケットと腕が一直線になって打つケースもあるでしょうが、膝を軽く曲げるだけでもラケットの角度を保ったままで低い位置のボレーはできます。 

Embed from Getty Images

ラケットと前腕の角度は、厚いグリップでストロークを打つ際も同じです。

Embed from Getty Images

プロ選手のボレーに話を戻しますが、プロ選手がボレーを打つ際、高い位置のボールは腕を上げラケットヘッドを上げた角度で打つのですが、

Embed from Getty Images

腰位の位置でボレーを打つ際はラケットを地面の水平に近い位置で使っているのに気づきます。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

我々がボレーを教わる際「腰位の高さのボレーは、姿勢を落としてラケットを立てたまま打つ。ラケットは寝かせない。」と教わる気がします。 

サンプラス ボレー

前述の図のように、前腕とラケットに角度を持たせたまま腕を下げていけばラケットの角度は水平に近くなる訳ですが、これらのプロの打ち方は無理にラケットヘッド側を立てようとするよりもストロークを打っている状態に近く体の使い方に無理がない、楽にボレーが打てるように感じます。

ラケットの角度により縦糸と横糸の機能が変わるという話

この点に関し、「ラケットは縦糸と横糸があり、主にボールを飛ばすのに有効なのはより長い縦糸の方である。打点に応じてラケットの角度は代わり、ストロークのように地面と水平に近い角度で打つ際は縦糸をしっかり用いた方がボールは飛びやすい」という話を最近聞きました。

プロ選手が縦糸・横糸で異なるガットを組み合わせて張るハイブリッドとする際、縦糸にはナチュラルガット、横糸にポリガットを使うのが定番と聞きます。ストロークに近いラケットの角度 (水平に近い角度)であれば、縦糸がボールを楽に飛ばしてくれるということだと思います。

 

縦糸がボールを飛ばす状況

縦糸が回転をかけるのに多く使われる状況

同じ理屈でストロークでもラケット面を急激に持ち上げる打ち方をすると縦糸はボールを飛ばすよりも回転をかける方に多く使われてしまうと思います。

打ち出し角度とスイング角度が大きく異るスイング

現代の男子プロ選手のストロークを見ると昔のように腕を内側に巻き込むようなストロークの打ち方(急激にラケットヘッドが上に持ち上げる)をする選手はほぼ居ません。ボールを打ちたい方向・角度に向けてラケットをスイングする中で速いラケット速度を活かした回転のかけ方をしていると考えています。

フェデラー選手のフォアハンド

高い打点を打つ際はどうしているのか

高い打点のボレーを打つ際はどうやって打っているのかと言えば、(選手によっても違いますが) 顕著な例で、フェデラー選手は『どの角度でも小指側のフレームからラケットを打点に入れていく』打ち方をしています。

私はこの打ち方を『ストロークに近い高さでボレーを打つ際は(前腕とラケットの角度は保ったまま)ラケットは水平に近くした方がボールが飛びやすいという点を応用したもの』かなと感じています。

腕には肩、肘、手首の関節があり、前腕の骨の捻れであるプロネーション・スピネーションといった動作もあります。分かりやすい点で言えば、肘の曲げ伸ばしはラケットの瞬間的な加速にはぴったりです。

利き腕の肩を軸にラケットの位置を円を描くように考えれば、どの高さであっても腰付近で打つ際のようにラケット面をボールに向けて進めてやれば腰付近と同じように縦糸を使ってボールを飛ばせるということじゃないでしょうか。

ボレーでは「高いボールを打つ際は予めラケットを高くセットしておく」と言われますが、飛んでくるボールに速度がないとしっかり打つのは難しいです。(ボールの勢いをガットで抑える打ち方) 自分からラケットを動かしてボールに力を加えてたい (ラケットに速度をもたせたい) 場合にはフェデラー選手の打ち方は意味があると思います。

腰付近で打っているボレーを肩を支点に円状に回転させて高さを変えたようなものですね。(やってみるとラケット面の向きをかなり意識する必要がありますが。) 基本の打ち方は1つでそれを応用することで色んな高さを処理できるという意図かと思います。

ボレーの打ち方は様々でもボールを飛ばす理屈は同じ

ボールもラケットも『1/2 x 重量 x 速度 ^2 (2乗)』で運動エネルギー量を持ちます。当たり方によってそれらをボールが飛んでいくのに利用するだけです。

「ボレーはラケットは振るな」と言っても完全な停止状態では打てないし、安定したインパクトを得るという点で考えれば体の使い方は様々でも無理なく様々な高さで応用できる打ち方、できるだけシンプルで○○の時はこう、☓☓の時はこうといちいち考えなくても打てるようなものが望ましいと思います。これはボレーに限りません。

ラケット速度を追求する必要がないボレーではストロークよりも打ち方に自由度が出せると思いますが、プロ選手等の打ち方を見れば、ある程度、正しいであろう体の使い方は見えてくるのかなと思っています。