lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

インパクトでラケットをしっかり握るのか、握らないのかという話 (テニス)

インパクトでラケットを握る? 握らない?

ラケットとボールが接触するインパクト前後において『ラケットをしっかり握るべきなのか? 握るべきではないのか?』という話があります。

前者はボレーのインパクトで言われる事が多く、後者は『脱力』の話と関係してストロークで言われる事が多い気がします。

でも、握力何kgで握るといった具体的な目安がないので、握る、握らないと言われても話を聞くだけではピンと来ないですね。

ボールとラケットがそれぞれ持つ"運動エネルギー"の大きさ

スイングによってラケットが得る運動エネルギーの大きさは『1/2 x ラケット重量 x ラケット速度 ^2 (2乗)』で表されます。この運動エネルギーが接触によりボールに伝わり、当たり方によってボール速度と回転量に反比例的に分配されます。

当然、この運動エネルギーの全てがラケットに伝わる訳ではないです。もしそうならインパクトでラケットは急激に速度低下したりするでしょうがそうはなりません。伝わるのはごく一部ですし、正確に当たらない、ラケットがガットがしなる、ゆがむ、たわむ事で伝達ロスが起こります。

ラケットと同様に、重量があり速度を持って飛んでくるボールも運動エネルギーを持っています。この大きさも『1/2 ボール重量 x ボール速度 ^2 (2乗)』で表せます。

硬式テニスボールの重量は56.0~59.4g。硬式ラケットの重量を300gとすれば、飛んでくるボールとスイングされるラケットの進む速度が同じならラケットの方が約5倍の運動エネルギー量を持つと言えます。(計算上ですが)

テニス ラケットとボールの重量差と運動エネルギー量

 

  •  
  •  

 

ボールに打ち負ける?

よく「一生懸命スイングしたけどボールに打ち負けた」「軽いラケットだとボールに打ち負ける」といった話になりますが、よく考えればそれらの表現が不自然であると分かります。

仮に時速100km/hで飛んでくるボールと同じ大きさの運動エネルギーをラケットに持たせるには、

1/2 x 56.0 x 100 ^2 = 280,000

sqr (280,000 x 2 ÷ 300) ≒ 43.2 なので

速度 "43.2km/h" でラケットがスイングされればいいということになります。

ボールと同じ運動エネルギー量が発生できればボールに打ち負けないという単純な話ではないでしょうが"ボールとラケットの大きな重量差によって飛んでくるボールの半分以下の速度でも対応できる"と考えられます。皆が言う「打ち負ける」というのはボールの威力とかそういう事を言っているのでしょうからね。要は『ボールを打つ際の体勢』『正確に捉えられていない』ことが問題ということです。

100g未満の軽いラケットなんて売っていませんから250g程度の軽いラケットをゆっくりスイングしても、同等以上の運動エネルギーを発生できる速度以上できちんとラケット面の真ん中で捉えられれば打ち負けることはないでしょう。むしろ同じような速度で振れるならラケットは重い方が有利と言えます。人は1ヶ月も使えば重量に慣れてしまいます。手に持って比較した際に重いと感じるのは当然で慣れる前に判断する意味がないと思います。

ボレーでラケットを握る理由

ここまでの話からも分かるでしょうが、ボレーのインパクトでラケットをギュッと握れというアドバイスはボレーでは明確な形での"スイングをしない"ことが関係します。

運動エネルギーを持って飛んでくるボールをラケットで打つ際、同等以上の運動エネルギーをラケットに持たせるにもラケットに速度が必要です。

ボレーにおいては、ボールが飛んでくるまでの時間が短い、相手ボールの速度低下も小さい段階で到達する、相手コートまで近く遠くまで強く飛ばす必要がない、といった条件が揃うボレーでは『スイングによってラケットに運動エネルギーを持たせてボールをとばすより、相手ボールの運動エネルギーをラケットで反発させることで飛ばすことに専念する方が目的に合うから』です。ラケットは大きく動かすほどボールに当たりづらくなりますからね。ボールの運動エネルギーを反発させるためにはとにかく正確に当てることとインパクト時にラケットが動かない方が良いはずです。

ただし、インパクト位置までラケットは移動させないといけないので、速い段階からラケットを強く握っているとラケット位置の調整に支障がでます。

結果、「ボレーではインパクト時にラケットをギュッと握る」というアドバイスが生まれたものだと思います。

Embed from Getty Images

ラケットをほぼ動かさずにボレーをするケースは限られ、テイクバックからインパクト位置までのラケット位置調整、ボールを打つタイミングを取るための動き、足を動かしての位置調整を含め、ボレーでもラケットは動いています。ラケットが動くということは速度を持つ訳で『ボールにラケットのエネルギーを加えること』と『ボールのエネルギーを反発させること』の割合によってもボレーの飛びは変わということでしょう。ボールのエネルギーを反発させるだけだと余程速いボールでないとポイントを決められるような鋭いボレーは難しいのも事実です。

また、ボールの運動エネルギーをラケットで吸収して柔らかく落とす際はインパクトでギュッと強く握ってしまうと逆に難しくなることもあります。同時に、勢いを吸収して柔らかく落としたくても飛んでくるボールが速ければ、ある程度しっかりと支えないとボールのエネルギーに負けてしまいます。(前述の例のようにラケット側は速度がない訳なので。)

状況に応じて使い分けるという感じでしょうか。打ちたいショットに対してどう握るのがやりやすいか試してみれば傾向は分かると思います。

 

ストロークでラケットを握らない理由

テイクバックの位置で速度ゼロの停止状態にあるラケットは体の回転に伴い、手に引かれてグリップ側から動き始めます。

フォアハンド テイクバック

ちなみに、円運動する物体は回転軸から遠いほど同じ時間で移動する距離が長くなるのでその速度は速くなります。

円運動する物体は中心から遠い方が速度が速い

つまり、肩 - 腕 - ラケットが一直線に並んだ状態で体の回転だけでラケットを動かしていくようなスイングをしても、腕の動く速度よりラケット、もっと言えばグリップ側よりヘッド側の方が速度は速いです。

フォアハンド 体の回転だけで打つ

※これに関連して言われるのが「ラケットの先で打つ方がボールは飛ぶ」という話です。

体を回転させて打つという意識が強いことで、肩 - 腕 - ラケットが同じ角度で回ってくるスイングをされる方は結構見かけます。また、それなりの方がスイング中、ラケットをギュッと握っているのだろうと思います。(理由は下記)

慣性の法則

ラケットには『慣性の法則』が働きます。

テイクバックで停止状態にあるラケットはその場に留まり続けようとし、手に引かれグリップ側から動き始めた後も、ヘッド側はスイング軌道の真後ろから留まろうとする力で手を後方に引っ張ります。

 

フォアハンド 外旋

フォアハンド 回外

これが「フェデラー選手やナダル選手はスイングを開始する際に手首が背屈している」と言われる現象だと思います。

Embed from Getty Images

実際には『手首を甲側に曲げている』のではなく、ラケットを握りしめていないから、慣性の法則でその場に留まり続けようとするヘッド側に手が引っ張られている事象です。スイングを始めようとした時にヘッド側を誰かに摘まれたらこうなるのは想像できますね。

同様のことは "サーブにおけるラケットダウン" にも言えます。

Embed from Getty Images

さて、スイング序盤でグリップを握る手をスイング軌道後方に引っ張っていたラケットヘッド側ですが、スイング開始により速度が増していきます。

前述したように 1)回転軸の中心から遠い物体ほど速度が速い ので同じ角度で体の周りを回っても腕の動く速度よりラケットヘッド側の速度の方が速いのですが、

2)テイクバックで体の近くにヘッド側を上にして(立てて)持っていたラケットがスイングに伴いヘッド側が倒れる。つまりヘッド側が体からより離れていくことになるのでヘッド側の加速が増す。

テニス フォアハンド

3) テイクバックからのスイング初期段階でラケットを加速させるのは体の回転に伴い"手や腕がラケットを引く"動作です。体が回転していき、ラケットが体を追い越し、慣性の法則でラケットが体より前に進んでいく段階になると"手や腕がラケットを引く動作"は力を失います。よく"打点でボールを押す"と言われますが自分の横を自分と同じ速度で並走する物体を手で押すのが困難なように体よりも前に進んだラケットに加速のためのエネルギーを手から与えることは難しい。つまり、体の回転や腕が動く速度より速くなり位置的に体を追い越したラケットは手や腕から受ける影響が小さくなり『慣性の法則で勝手にボールに向かって直進していく』と考える方がラケットを有効に使えるはずです。

※マラソン選手が同じ速度で並走する伴走車を走りながら手で押すと考えてみてください。

Embed from Getty Images

自分自身では無意識でもラケットを強く握っていては腕とラケットが一体になってしまい『腕の動く速度 = ラケットの速度』となります。ラケットはスイングの過程で速度が増していき体の回転や腕の動きよりも速度が速くなるし、手に引かれることで加速したラケットは体を追い越した後は手や腕からの影響が小さくなり、互いの速度差はより増します。つまり、ストロークやサーブなど、スイングによるラケット速度が重要となるショットにおいては『スイング序盤でラケットを引っ張れる程度。加速したラケットが体を追い越して後は慣性の法則で直進しようとするラケットの動きを邪魔しない程度の強さでラケットを握るのが望ましい』と言えると思います。

また、「ストロークでトップスピンをかけるにはラケットをボールの下から上に動かす」と言われますが、膝の曲げ伸ばしや腕を使ってラケット全体を下から上に動かすよりも加速したラケットが慣性の法則で前進していこうとする力を使い、ボールを打ち出したい方向・角度にむけてラケットを進めていく方が加速したラケット速度をボールの飛びと回転量に活かせると考えます。

加速したラケットの速さに対応するため、腕や手首の関節は柔軟に曲がっていき、フォロースルーに繋がっていきます。それは意図的に捻る(プロネーションとか)ではなく体の持つ機能としてのあくまで自然な対応です。

スイング序盤で手や腕を後方から追いかけてきたラケットヘッド側が加速により手や腕を追い越す段階で前腕は回転し、手首が起きることでラケットヘッドは下から上に持ち上がります。これを利用することでラケット速度を落とすことなくボールの回転をかけることができます。

フォアハンド 内旋

フォアハンド 回内

実際、プロ選手はラケット全体ではなく、ヘッド側を持ち上げるようにしてボールに回転をかけています。

フェデラー選手のフォアハンド

f:id:a-londenion:20180131214547g:plain

「ラケットヘッドを走らせる」と言ったりしますが、ヘッド側を前に動かす、押し出すような操作をしなくても、"ラケットが十分加速し前進しようとするラケットの動きを邪魔しなければ" こういった形にならざるを得ません。ラケット速度が速ければ腕の関節は自然と曲がってその進む力を吸収、対処しないと腕を痛めてしまいますから。

昔風の肩や肘を支点としたワイパースイングではラケット速度を活かせないので回転はかかってもボール速度は落ちます。前腕を支点としたより速度のあるワイパースイングが今風という訳です。

Embed from Getty Images

これらは全てラケットの速度をボールの飛びと回転に活かすため。そのためにはストロークにおいてラケットを強く握っていないことがポイントとなると思います。