lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

なぜサーブは"薄いグリップ"で打つのか? (テニス)

サーブは難しい?

サーブを打つのは難しいですね。

理由の1つは、ストロークやボレーに較べてボールと目との距離が遠くなるし、トスして空中に浮かぶボールは距離感の目安となる物体が周囲に無くなってしまうこと。

我々がボールとの距離感を把握するほぼ唯一の方法が目からの情報なので、水平方向に自分に近づいてくるボールより、空を背景にして垂直方向に上がって下に落ちてくるボールの方がその位置は把握しづらいです。

テニス トスしたボール

サーブを特別なものとして考えすぎることも理由となります。

ストローク、ボレー、サーブと別々に打ち方を教わりますが、同じ側のラケット面で同じように前方にボールを飛ばすという点は共通します。(「ボレーはスイングしない」は時間の無い中、ネット際で速度の落ちていないボールを打つ、遠くまで飛ばす必要がないといったボレーの特性上『正確な当たりで反発に特化する』ためであり、スイングしながら打つケースもありますね。)

前方向へ腕を振るのですから身体や腕の使い方は共通してくると考えるのは自然です。まず、ボールが飛び回転がかかる理屈人の身体の機能や仕組みを確認し、それらを踏まえてラケットを使う、ボールを飛ばすということを考えていければ我々が感じている"サーブの難しさ"ははるかに小さくて済むのだろうと思います。

フォアハンドスライスの打点を上げていくとスライスサーブになる

野球のオーバースローとサイドスロー(或いはアンダースロー)は全然違う投げ方をしているように見えて実際は体の使い方は共通しています。

Embed from Getty Images

テニスで言うなら、フォアハンドスライス(或いはラケット面を大きめに動かすスライスボレー)は薄いグリップで打ちますが、その打点の高さを肩以上に上げていくとスライスサーブの打ち方になります。

フォアハンドスライス

Embed from Getty Images

打点を上げるとスライス回転のサーブになる

フォアハンドスライス型のリンゴの皮むきサーブ

ただし、フォアハンドスライスの打ち方では、"ボールの外側下(右利きなら右側下)をラケット面で触り、ラケット面で撫でるように回転をかけている"ので、"リンゴの皮むきサーブ"と言われるようなサーブになります。

ラケットでボールの右下を触る

トップスピン系のストロークに較べてスライスショットはボールの速度が出せませんね。ラケット面がボールに対しオープン(上向き)を保ったままなことで腕の使い方的にラケット速度が上がりづらいためですが、この打ち方で"リンゴの皮むき"サーブを打ってもボールは(右利きなら)左に曲がりながらもバウンド後失速するサーブになります。

改めてプロ選手が打つスライスサーブを見ると、バウンド後、ボールは相手の肩位の高さまで到達します。(敢えて高くバウンドしないスライスサーブも打てますが。)

フェデラー選手のサーブ練習

ボールに回転をかけるのはプロしかできない技術ではないので我々でも速度は遅くても曲がった後にある程度弾むスライスサーブは打てるはずです。

ただ、我々が打つスライスサーブは高くバウンドしたりせず多くの場合バウンド後失速します。その違いは技術以上に打ち方(身体の使い方)及びラケット速度の速さ(プロより遅いという意味ではなくラケット速度を上げる方法を考えるという意味)にあると思います。(後、"打点の高さ" をどう使うか。打点を高く取るのは、"確率を上げる"ためでも、"威力を出すため"でもなく、バウンドを高くするためという感じです。ボールが高く弾むのは回転より軌道の高さです。)

なお、ここで「スライスサーブでは横向きの回転をかけているから弾まないのは仕方ない。弾むのはスピンサーブだ。」と言ってしまうのには少し疑問です。フォアハンドのトップスピンで「回転により前進する力があるから威力がある」と言うならリターン側の脇を出来るだけ速く通過させるためサーブも前進する力は必要でしょう。『リンゴの皮むきサーブ』と違い、ボールの外側上(上半分)を打つ速度のあるサーブならバウント後もボールは"前向きに"回転し続けると思います。

 

  •  
  •  

 

ラケットを加速させるために腕を加速させる動きを加えている 

サーブでは、ラケットを握る手及び腕の角度の違いにより、ラケットは小指側のフレームからボールに近づき、加速したラケットに引っ張られる形で腕を内側に捻っていくことでインパクト面がボールに向けていきボールと接触する流れになるのは広く知られていることだと思います。(皆が気にする "サーブにおけるプロネーション" 部分ですね。。)

 

Embed from Getty Images

 

ただし、プロネーション = "インパクト時" に前腕を回転させる動作』という認識を持っているならそれは正しくないと考えます。

※因みにプロネーションは前腕(肘と手首の間)にある2本の骨が捻れて発生します。"手首は回りません"。手首の関節に回転する機能はないですから。

多くの人が思い浮かべる『サーブにおけるインパクト』ラケットと腕が一直線になった状態でしょうが、この状態で前腕が回転しても"ラケットは中心線を軸に面がクルっと回るだけ"です。

サーブ インパクトで腕とラケットが一直線

「それがサーブにおけるプロネーションでしょ?」と思うかもしれませんがこのラケット面が回るだけの動きで"サーブに威力が出る"、"回転がよりかかる"という説明は説得力がないですよね。(ラケット面が回るだけですよ??)

私は、サーブにおけるプロネーションが意味を持つには『前腕とラケットに角度差』が必要だと考えています。

サーブを打つ際、小指側のフレームからボールに近づくというのは(その理由は分からなくても)広く認識されており、ボールに近づく中でラケット面をボールに向けていくのは当然だと思うかもしれませんが、ただラケット面がボールに向いていくだけでなく腕とラケットの中心線に角度差があるから、サーブのスイングの中、ラケット面は長く移動する距離が取れラケットの加速に繋がると考えます。その大きな移動(前進)の中でラケット面はボールを捉え回転がかかると考えれば『プロネーションで威力が出る』という話も理解できる余地が出てきます。

 

Embed from Getty Images

 

腕とラケットが一直線になる状態と比較して考えてみてください。

これは別に難しいことではありません。サーブで使うコンチネンタルグリップは「包丁を持つように握る」と言われますが、英語では『Chopper (斧・なた) grip』と言います。斧やナタを握る際は前腕とそれらの柄に角度を付けて握るのが自然です。日本で言えば『太鼓のバチを握る』感じとか。

ラケットと前腕が一直線になるように握る ラケットと前腕が角度がつくように握る

その上でサーブでは『うちわであおぐように』プロネーションを起こすと言われたりします。うちわを使って自分をあおぐのに前腕とうちわの柄が一直線になるように握る人は居ませんよね。(それでは腕を回して自分の方に風を送れません。)

団扇であおぐ

下の図のように腕とラケットが一直線の状態で回転する、腕とラケット軸に角度差がある状態で回転するのでは "力が作用する点(黄丸)の位置変化" に違いが出るのは明らかですね。

回転軸とボールとの距離

プロ選手が打つサーブで腕とラケットが一直線になって見える写真は撮影した角度的にそう見えるか、打ち終わった後にラケットヘッド側が手を追い越した後だからそう見えるのかなと思います。

Embed from Getty Images

そもそも『ラケットを下から上に振る』からトップスピン回転がかかるのにラケットと腕が一直線になった状態でインパクトをしていたら少し横回転はかかっても縦回転は満足にかからないでしょう。 

"リンゴの皮むきサーブ"を"スライスサーブ"にする 

ストロークやボレーのように飛んでくるボールの運動エネルギーを反発させて打てないサーブでは自らラケットを加速させて生み出す運動エネルギーが全てです。

サーブでプロネーションが強く言われる、小指側のフレームからラケットがボールに近づいてくのは、"物体であるラケットに慣性の法則が働く"ことが大きく関係していると思います。

『停止状態にある物体はその場に留まり続けようとし、移動中の物体はその直進運動をし続けようとします。』

トロフィーポーズの停止位置から腕に引かれグリップ側から動き出すラケットですが、ヘッド側は慣性の法則でその場に留まり続けようとします。結果、グリップを握る手はラケットによって"スイング方向と逆向き(背中側)に引っ張られ"、それに対抗するため前腕は捻れ(回外)、上腕(肩)は背中側に回転(外旋)します。

 

外旋&内旋

ラケット 外旋&回外

サーブ 回外

また、これにより起こるヘッド側とグリップ側の位置の交代が『ラケットダウン』です。

サーブ ラケットダウン

ラケットのヘッド側にゴム紐が結んであってスイングする際、誰かがそれを後ろから引っ張ると考えれば理解しやすいでしょうか? 

『ボールに向けてラケットを持つ腕を振っていく』わけですから、ピッチャーがキャッチャーに向けてボールを投げるように、前腕と上腕(肘)は90度、上腕と体(脇)は90度、上腕と胸は180度以上の角度を保った状態で体の回転に伴う腕を振りを行います。

 

Embed from Getty Images

 

Embed from Getty Images

 

サーブにおけるラケットダウンを動作の1つとして発生させる(形をつくる) 指導が昔からあるので肘を90度以上に曲げてラケットを背中側に落とす、ラケットを背中に接近させるイメージを持ちがちです。

サーブ ラケット背中に落とす

この状態から肘を伸ばしていき、ラケットを頭上にまっすぐ持ち上げていくとイメージしがちな『スピンサーブの打ち方』に近づきます。

Embed from Getty Images

でも、ボールを投げるために体の前方向に強く前方に腕を振っていくピッチャーは大きく予め大きく曲げた肘を伸ばすようにしてボールは投げません。前述したように何かを持った腕を強く速く振るためには腕の関節に角度と、その角度を活かした腕の振り方が必要です。

鈴木貴男選手のサーブにおける腕の振り方の説明

鈴木貴男選手による体の運動連鎖を用いたサーブのスイングに関する解説です。とても合理的で納得感のあるお話だと思います。実際にプロ選手がサーブを打つ様子をスロー動画で見れば体と腕の各関節の角度、腕とラケットの角度、ラケットを振っていく方向等が説明されている通りだと実感します。

 

 

 

我々が教わる『サーブの打ち方』は20年以上前から変わってない

我々がスクール等で教わる"ボールの打ち方"は、プロ選手らがボールを打つ様子を簡単に見られない、スロー動画で確認できなかった時代に静止画や連続写真を見て考えられたものかなと感じます。テニスの指導では昔から『形をつくること』が中心になります。当然ですね。写真のマネをさせている訳ですから。

私は『フォーム(form)』とは『(停止状態である)形』より『型』を指すのかなと思います。空手などの武道における"型"は一連の動き方そのものであり、その流れるような動きを構成するのは無駄のない自然な体の使い方ですね。 

アンディ・マレー選手のスライスサーブ解説

前置きが長くなりましたがフォアハンドスライスの打点を上げることで打てるリンゴの皮むきサーブをラケット速度の速いサーブの打ち方に変える点です。

マレー選手のサーブ動画

『リンゴの皮むきサーブがボールの外側下を触る。その際、オープンなラケット面のまま触る事で(回転をかけるのは簡単でも)ラケット速度が出ない』のであれば、望ましいスライスサーブは『ボールの外側上にラケット面が接触する。ラケット速度を速く保つためプロネーションによりラケット面が回転していく中でインパクトする』という感じでしょうか。ボールの下側を触るのと違い、上側であればプロネーションにより腕を捻りながらラケットを回転させることでラケットを大きく加速させつつ振り抜いていくことが可能です。

また、ボールと接触する位置 (ボールからエネルギーが加わる位置)が外側上ではなく上側に集中すればスピンサーブに必要な縦の回転になります。

スライスサーブとスピンサーブは違う打ち方で説明されますが回転がかかる理屈から言えば親しい関係という事。また、物理現象としての回転を発生させる方法は何でもよい (スライスサーブの打ち方で当たり方を変えてもいい)と言うことだと思います。

f:id:a-londenion:20180304002440p:plain

ただし、「リンゴの皮むきサーブのようにオープンな面でボールに触り続けるとラケット速度が上がらないから、腕の捻れを使ってラケットを加速させ、プロネーション等を使ってラケット面を回転させる中で打つ」とは言っても、ラケット面が回転し続ける中で正確にボールを捉えるのは至難の業です。

結果、「スライスサーブを打つ際はプロネーションを少し遅らせてインパクト後にラケット面が回転するようにする」と言われますね。リンゴの皮むきサーブの当たり方に近い状態でインパクトの安定感を出す訳ですが、タイミングはずらしつつもラケット面は回転させている訳なのでラケット速度は確保できるという現実的な折衷案という感じです。

マレー選手の動画でもスライス回転をかけるように打っているのでインパクトではラケット面はやや斜め (フォアハンドスライスで言えばオープンな面の状態)に当たっています。

 

 

 

なぜサーブは"薄いグリップ"で打つのか? 

かなり遠回りをしてしまいましたが

『コンチネンタル等の薄いグリップでサーブを打つ理由は"体に近い打点"でボールを打つため』だと考えます。

上で、フォアハンドスライスの打点を上げると(リンゴの皮むき型ですが)スライスサーブのスイングになると書きました。

逆にフォアハンドトップスピンの打ち方を保ったまま打点を肩よりも上まで上げていくとスライスサーブとは曲がる方向が逆の『リバースサーブ(右利きなら右側に曲がってシュートしていくサーブ)』になります。

フォアハンドトップスピンの角度を上げて打点を高くしていく

高い打点のフォアハンド

ロソル選手のリバースサーブ

フォアハンドでボールの上側に力を加えている訳なので、腕を振る角度を上げて行けば自然と(右利きなら)ボールの左側を打つ形になりますね。

Embed from Getty Images

トップスピンの打点を上げていく

フォアハンドのトップスピンの打点を上げた状況なので『厚いグリップで、横向きから回転させてきた体が目標にしっかりと正対した段階で、体(肩)よりも前の打点で打つ』ということになります。

サーブの打点で言えばこんな状態。

厚いグリップで打つサーブ

これは『羽子板サーブ』と言われる極端に厚いグリップで打つサーブと同じ状況ですが、注目すべきはフォアハンド同様に厚いグリップで打つということは、打点は体よりも前になっていくということです。

リバースサーブはフォアハンドの逆クロスをシュート気味に打つのと同様、ボール速度が上がらず相手の意表を突くという意味以上のものはありません。我々が打ちたいのは速度が速いサーブ、(右利きなら)左方向に曲がっていくサーブな訳ですからベースになるのはフォアハンドスライスのような回転のかけ方と言えます。

フォアハンドスライスはコンチネンタル等の薄いグリップで打つし、回転をしっかりとかけるには体に近い打点でボールを捉える必要があります。

サントーロさんのフォアハンドスライス

つまり、フォアハンドスライスと同様の回転のかけ方をするスライスサーブ、その回転軸が多少異なるだけのスピンサーブは同じ条件を満たす必要があるということになります。 『使用するのは薄いグリップ』であるし『打点も体に近い位置でボールを捉えるべき』だということです。この両方が揃わないとスライスサーブ(スピンサーブも)に必要な回転がうまくかけられません。

フラットサーブを基本として教わることで、薄いグリップで打っても"打点を前に"とってしまう

テニスを教わる際「フラットサーブが基本だ」と説明されますがそれが回転をかけたサーブを打つのを難しくしてしまっていると感じます。

フラットサーブは回転をかける必要がないので横向きの状態でトスを上げた後、体を回転させ、"目標方向に体を完全に正対させた状態"でボールを捉えます。

また、体が目標に正対しているため、力を入れられる打点の位置は "利き腕の肩の前、体よりも前"に取ることになります。こんな感じですね。

フラットサーブは打点を前に取りボールを叩き落とすイメージ

サーブ打点前1

サーブ打点前2

打点位置とスライス回転について再確認

フォアハンドボレーを打つ際、グリップの厚さは別にボールを打つ打点を利き腕の肩の前、体よりも前の位置で取ってしまうと体の正面に向けてボールを飛ばす際にスライス回転をかけるのは極めて難しくなります。前の打点でフォアハンドスライス

これは体の向きとラケット面がスライス回転をかける条件に合っていないためです。

ボールに対し横向きを取り、薄いグリップで体に近い打点で打てればスライス回転をかけるのは簡単です。

踏み込んで打つ打つフォアボレー

※この2つは体の向きが変わっただけで利き腕肩と腕の位置関係は同じです。

フォアハンドを薄いグリップで打つ特性を活かし、体が横向きから回転する途中、体に近い打点でボールを打てば無理なくスライス回転をかけたサーブが打てます。

鈴木貴男プロのナチュラルスピンサーブ説明

繰り返しますが、薄いグリップでサーブを打っても打点を体よりも前に取り、腕とラケットが一直線になる状態でインパクトをしてしまっては、ボールはまっすぐ飛ぶだけだし、打点がもっと前なら下に向かって飛んでいくでしょう。(ネット際で打つスマッシュなら有りです。)

フラットな当りのインパクトイメージ

薄いグリップで体が回転しきって正面を向く前、横向きが残っている間に体の近い打点、右利きなら体よりも少し右側にトスされたボールに対して、右方向に打っていけば自然と回転がかかったサーブになります。

スライスサーブのインパクトイメージ

逆にこの状況でフラットっぽいサーブを打つ方が難しいでしょうか。

 

 

「サーブに薄いグリップで打つ」には当然理由がある。薄いグリップで打てば回転がかかる訳ではない。

このようにサーブを教わる際に言われる「サーブは薄いグリップで打て」には当然理由がある訳です。

サーブのグリップの話になると「サーブのグリップはコンチネンタルが最低限。もっと薄くすればより回転がかかる。イースタングリップで打つなんてとんでもない。」といった雰囲気がありますが、コンチネンタルとイースタンの僅かな握りの違いでサーブの回転に大きな違いが発生するはずがありません。「薄いグリップで打てば回転がかかりやすいから」には"理由の説明"がないですよね。

フラットサーブやスマッシュのような回転をかけないオーバーヘッドの打ち方を基本として教わるので言われるように薄いグリップでサーブを打っても体より前の打点、ラケットヘッドが頂点を迎えて以降にボールを捉えてもスライスサーブやスピンサーブのような我々が望む回転がかかるはずもないですからね。

因みにですが、空気抵抗や重力等の諸条件を考えなくても、計算上、身長2mの人が無回転のサーブを打つとしても、ベースライン中央からネット中央の一番低い部分を通す最短ラインでも最上部の白帯の上10cm程の空間を必ず通さないと入りません。(ボールの直径は6.54~6.86cmなので、ほぼボール1個分の空間を通すということ。)

テニス 身長が2mあっても無回転のサーブは入らない

f:id:a-londenion:20180305170654p:plain

皆が回転をかけないという意味で言うフラットサーブは "自分では関与しようがない重力や空気抵抗でたまたま入っている" だけスマッシュの練習以外で回転をかけない"サーブの打ち方"を練習する意味はないと思います。

回転をかけないで打つ打ち方はスマッシュ等で使うとしても、サーブは必ず回転をかけて打つ、そのために体をどう使って打つのか、薄いグリップでどうボールを捉えれば必要な回転が得られるのかを考えることが必要だと思います。

サーブを教わってもフラットサーブとスライスサーブは打ち方が違うという説明で終わってしまいますからね。一生懸命、教わるスライスサーブの打ち方を実践しても回転はかかってもバウンド後弾まない、失速するスライスサーブでは勿体ないでしょう。

最後に鈴木貴男選手のサーブにおけるグリップと打点の関係についてのお話です。

鈴木貴男選手 サーブのワンポイントレッスン