lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ドライタイプのグリップテープ『タフドライ (TOUGH DRY)』を買ってみる (テニス)

トーナのドライグリップテープ 私がテニスを最初に始めた頃の世界No.1がサンプラスさんだった影響で、その後もずっとトーナグリップのオリジナル オーバーグリップ (ドライフィール)を使っています。 グリップテープは安価なため景品等でいただく機会もあり…

『スライスサーブ、スピンサーブの回転』はその認識でよいのか? (テニス)

硬式テニスは回転をかけて打つのが基本 40年程前、ラケットの素材にカーボンが使用されるようになり、老若男女問わずボールを楽に速く飛ばす事が可能になりました。 木製ラケットではボールに伝わる際のエネルギーロスが大きく(しなる、たわむ、ゆがむは単純…

「ラケットのグリップサイズが細すぎる?」問題 (テニス)

テニスラケットのグリップサイズは2か3が標準とされますが表記通りに手の大きさを測定すれば「成人男性はグリップサイズ6が妥当」といった結果になります。私がPro staffで使用しているレ天然レザーのグリップ(元グリ)の使用感も含めてグリップサイズの太さ…

フェデラーが引退したらPro staffを使うプロは居なくなるのかも (テニス)

フェデラー選手のラケットカラー変更問題等、この所、その存在が難しくなってきている印象のWilson Pro staffの今後について少し考えます。

野球の「打たせて取る」感じ?どう返球させるかまで想定して打ちたい (テニス)

テニスは相手ありきのスポーツで自分が打てば終わりとは行きません。球出しのボールを繰り返し打つだけでなくゲーム中の状況に沿った練習を積む必要があります。テニスで予測は必須ですが自分の望む状況を作るために相手にどうプレイさせるか、ただ打つので…

クロスにボールが打てない。ボールの後ろに入ると言われる話 (テニス)

クロス方向にボールを打つのが苦手な方が居ます。まっすぐボールを打つの基本だとすれば身体の向きを変えれば順クロスも逆クロスも打てる理屈ですが、ラケットとボールの関係性、身体の使い方を目を向けると必要な条件が見えてきます。それらは教わる基本の…

バック側にボールを打つ意味をもう少し考えてみる (テニス)

テニスにはフォア側とバック側のショットがあり「フォアよりバックが苦手な人が多い」という理由で相手のバック側を狙ったりします。ただ、フォア側とバック側では身体の使い方に違いがあり、それもバックが苦手な人が多い理由の一つになります。その辺りも…

サーブは理解しづらいからインパクト付近の条件だけを考えてみる [前半] (テニス)

サーブは目から遠い頭上のボールを打つ事でストロークやボレーほど直観的に打てません。自分がどうやって打っているのか分からないままなら、サーブ全体を見るより個別に確認していく方が上達のための理解が深まるかもしれません。今回はサーブのインパクト…

CW-X アームカバー (アームスリーブ) HU608 を買ってみました (テニス)

テニスにおける肘ケア目的でマクダビッドのアームスリーブを半年使ってみましたが良い製品ながら困る点もあり、今回CW-Xのアームカバーを買ってみる事にしました。

ラファエル・ナダル選手がご結婚されるみたいですね (テニス)

ラファエル・ナダル選手がガールフレンドはシスカ・ペレロさんとご結婚されるみたいですね。昨夜のニュースで知りました。

テニスシューズが自分の足形に合うかどうか、試着に合わせてインソールを見るのはどうだろう (テニス)

「テニスシューズは試着してから買うもの」確かにそうなのですがメーカーや製品毎の足形の違いを試着だけで確認するのは大変です。新品と履き続けた後では状態も変わります。ネットにも外見や宣伝文句以外の情報が少ない中、シューズを判断するのにインソー…

全豪オープンでは選手の新ウェアやシューズに目が行ってしまう (テニス)

年が変わると用具契約変更が目立つ プロテニスプレイヤーの活動資金は大会の賞金の他、スポンサー契約で賄われる部分も大きいです。トッププロは年間数億というスポンサー契約をテニス用具メーカーと結びますが、ランキング下位の選手だと資金提供は無く用具…

テニスフォーラムさんのYouTube動画がかなりスゴい (テニス)

「自分のテニスを上達させるのは自分自身。上達のため自分のテニスの理解を深めたい。」自分で考えるためテニス以外を含むスポーツ動画をYouTubeで日々見ています。先日ご紹介したテニスフォーラムさんのYouTubeチャンネル、他の動画もかなり参考になると感…

ボールを打つ際の体軸の位置や傾きといった話 (テニス)

フォアハンドでは利き腕肩を後ろから前に戻す距離でラケットの初期加速させるため体軸の傾きはマイナスに働きます。体軸と頭部は常に両足の間にある事が望ましいですが身体の回転=円周軌道のスイングとはなりません。ラケットは慣性の法則で直進しようとしま…

ラリー練習は野球で言うとキャッチボールでは? (テニス)

「強い威力のあるボールを打ちたい」それがテニス上達を実感する目安だったりします。ボールを打つ際の2つの要素、速度とコントロール、我々はどちらを優先させるべきか? 両立できるのか? 見慣れた練習内容が持つ意味を考えないと時間とお金の無駄、上達を自…

最近見ているYouTubeのテニス関連動画 (テニス)

「自分のテニスを上達させるのは自分」だから必要な取り組みをする 個人的にですが 「自分のテニスを上達させるのは自分自身。コーチや周りの人達ではない。」 と考えているので、テニスにおける "基本" と言われる様々な説明、コーチからのアドバイス、世間…

ボレーの疑問、フォアとバックで打点の位置は同じ? (テニス)

テニスにおいてボレーはフォアもバックも同じような打点位置、体とラケットとの距離感、体よりも前で打つと教わります。ただフォア側とバック側では体の使い方に決定的な違いがあります。ボレー上達を目指すためにはそれらも踏まえて打点位置を考えるべきで…

テニスセンサーの進化から考える我々のテニスの未来は? (テニス)

ラケットメーカーのヘッドがソニーのテニスセンサー陣営を離れ中国Xiaomi関連会社と組んで自社のテニスセンサーを発売しました。ソニー製品は発売開始から4年経過しています。テニスとIT技術やガジェット、テニス市場の問題点も含め、想像できる我々のテニス…

全力で60%の実力を出すみたいな話 (テニス)

我々がプロ選手がテニスをしたら「何を打っても簡単に返してくる」と感じるでしょう。「初心者相手でも自分の実力は100%出す。ただボールを飛ばすエネルギーは40%に抑える。」単に手を抜く、雑打っても大丈夫とは違うこういった意識が上達には必要かなと思い…

PRO STAFF 97 CV (現行 黒白)からPRO STAFF 97 (2014 赤黒)に戻そうと思ってます (テニス)

今年7月に購入した黒白の現行Wilson PRO STAFF 97 CVを赤黒PRO STAFF 97(2014モデル)との差に苦労しながら週2~3回で使っています。ただ、ここに来て「やっぱり赤黒 PRO STAFF 97に戻そうかな」と思い始めており、その理由や経緯について書いてみます。

スポーツドリンク『クラシエ スカイウォーター』を使ってます (テニス)

スポーツドリンクは必要か? No.1ブランドであろうポカリスエットは1980年に発売されたそうですが、それ以降、運動時に飲むのはスポーツドリンクというのが一般的になっていますね。 ただ、運動時にスポーツドリンクを飲む意味については賛否両論、絶対的な根…

サーブ、ラケットの担ぎ方を考える (テニス)

サーブは、目から遠い頭上のボール、距離感の目安となる背景情報が少ない、細かい位置調整が困難等、理解しづらくする要素が多く皆難しいと感じます。ただ"サーブをうまく打つコツ"で上達しないのは皆承知でしょう。部分、部分を確認し全体を組み立てていく…

筋膜リリース『 トリガーポイント TRIGGERPOINT グリッド フォームローラー STK』を買ってみる (テニス)

テニスで身体がバッキバキになります。いわゆる筋肉痛ではなく足を含めた身体全体のハリ、体表からごく浅い部分の筋肉が動きづらく硬くなる感じ。足の怪我が心配です。以前から筋膜リリースの話は聞いていましたが、現状の不安もあり、トリガーポイントのグ…

ロシアの3選手、メドベージェフ、カチャノフ、ルブレフが面白い (テニス)

テニスは統一の世界ツアーが舞台の個人競技。選手を国籍で見るのはピンと来ません。錦織、大坂両選手も活動基盤はずっと米国。同時にカナダやフランス等(日本と違い)自国の選手育成に強く力を入れる国もあります。今回は活躍が目立つメドベージェフ、カチャ…

それは本当の実力? 観客モードと実行モードみたいな話 (テニス)

テニスをやる際の気持ちの切替えみたいな話です。練習中、他の人が打つのを見ている状態から自分が打つ順番に。TVで試合を見てるような"観客モード"から自分がプレイする"実行モード"へ。そういった切替えを適宜行えないと本来の実力が出せていない、その先…

エアコンのポコポコ音を止める器具、取り付けても音が止まない場合は (生活)

エアコンや換気扇を付けるとポコポコと音がする。最近の建物では良く聞く話です。原因はエアコンのドレンホースから逆流してくる空気で、対策用の器具も市販されています。効果絶大と言う人が居る反面、全く効果無しという感想も耳にします。同じ商品なのに…

サーブを打つ際、トスを上げた手をどう下ろすのか考えてみる (テニス)

サーブを打つ際、右利きならトスを上げた左手を何からの方法で下げつつラケットを振る。我々が教わるサーブの打ち方をに「この左手をどう下ろすのか」という説明はほぼ含まれない。今回はサーブに近いと言われる投球動作を参考に「強いサーブを打つためトス…

片手打ちバックハンドでトップスピンをかけて打つ。スピンをかける要素を考える。(テニス)

上達が難しい片手打ちバックハンド。両手打ちとは「取り敢えず打つ所から始められる」「まず入り口に立つ事が難しい」という違いがあり、上達には自身の理解を深める必要があります。今回はトップスピンについて。コツではなく皆が等しく打てるようになるた…

テニスの練習がしんどい。身体の疲労回復、疲れを取る事を考えてみる (テニス)

熱い時期でもあり、週に何度もテニスをやると疲労も溜まり、なかなか回復もできません。世の中には色々な疲労回復方法、グッズ、サービスがありますが、内蔵機能と呼吸という面から日々の生活の中でテニスの疲れを取る、パフォーマンスを上げる事を(あくまで…

我々が上達に目を向けるべきはサーブよりまずリターンではないかという話 (テニス)

テニスで一番重要なのはサーブだがリターンも4回の失敗でゲームを失う。サーブに比べリターンについての情報は少なく、皆ストロークのコンパクト版と考えている。練習すればある程度上達するサーブに対し、我々が上達を考えるべきはリターンではないだろうか…