ボールをどう飛ばしてサーブを打つかという話 (テニス)

「サーブはラケットを上に向かって振るんだ」という話があります。回転をかけるため? ネットを越すため? でもどの位の角度で打ちだせば良いのか曖昧なままだし、ボールを相手コートに飛ばすためには"前"にも振る必要があります。漠然と「入れる」と思って打…

みんラボさんがYouTube動画を再開されるみたいです (テニス)

私がテニス上達について考え始めた頃に出会ったのがみんなのテニス研究所(みんラボ)さんのYouTubeチャンネルです。私は、正しい、間違いではなく「根拠を示してして打ち方を説明している」情報が欲しい。みんラボの動画はそういう動画でした。今回、中断さ…

良い練習をしたければ相手にとって自分も良い練習相手であるべきだ (テニス)

テニススクールのレベル分けは同レベルの人としか練習できず、上達への意識を育てず、現状に満足させます。テニスは基本一人ではできずません。周りの人を自分と対等、練習相手、ダブルスパートナーと認める意識がないと「自分が打ちたいショットを打ったら…

上達のために足元や周囲のボールを放置しない (テニス)

テニススクールではたくさんのボールが用意されており、練習中に「足元や周囲にボールが転がっている」状況は良くあります。「踏むと危険だから」とコーチは注意させる一方、ボールが転がっている中で構わず練習を続けてしまう方は「上達しない」可能性が大…

レジェンド選手達のテニスアカデミー模様 (テニス)

近年、目だつようになったレジェンドテニス選手、有名テニス選手、有名テニスコーチらによるテニスアカデミー設立。かつての自前のファウンデーション (財団・基金) 設立の流れから時代的にも変化が出ている気がします。錦織圭選手にもアカデミーを作ってほ…

ドロップショットって何だ?? (テニス)

分かりやすく決め技、ポイントが決めるショットというイメージのあるドロップショットですが「2バウンド目までにボールに触れない」という得点ルールに基づいたものです。自分側、相手側で成立するための条件があり、決して「打てば終わり」ではありません。…

サーブ・スマッシュ改善の第一歩は『上』を向かない事かも (テニス)

自身の身体能力の範囲で最高に近いサーブ速度を出す。年齢や個人差はあれど一般成人男性なら150~160km/hは出そう。教わるサーブの打ち方やコツでは実現できていない。だから打ち方は置いておいて「身体の使い方」を考える。その入口にあるのが「サーブを打…

Anker PowerWave 10 ワイヤレス充電器 Qi 認証 (ガジェット)

スマートフォン用ワイヤレス充電器 Anker PowerWave 10 製品を見てみる 充電している状態 充電時間はどうか スマートフォン用ワイヤレス充電器 最近のスマホはケーブル接続を必要としないワイヤレス充電に対応した製品が一定数見られるようになりました。 最…

最近見て興味深かった学生テニスの試合動画 (テニス)

YouTubeに上げられる学生テニス。最近見た試合動画で普段見る選手達のテニス次元の違うテニスをし、圧勝する選手を見ました。筑波大の阿部宏美さんの試合です。普段自分が考えている事とこの動画を見て感じた事を関連付けて書いてみようと思います。

足を引いてボールを打つ準備をしない (テニス)

フォアハンドを打つ際、利き腕側の足(軸足)を一歩下げて準備をする。よく見かける光景ですが、そこに実力と関係ないミスの要因が含まれています。教わったやり方を疑問にも思わず、身につき、無意識に繰り返してしまう。やり方にはやる意味があり、意味が分…

無意味な攻撃やミス時は一旦ラリーを止めてリセットしたい (テニス)

相手ありきのスポーツであるテニスですが、ラリー練習ではキャッチボールのような「ボールを使った相手との対話」が必要になります。それは「相手の事を考える」という事であり、テニスに必須となる「相手の打つボールを予測する事」、そして「次に望ましい…

ラケットのインパクト面をバックネット方向に向けるテイクバック (テニス)

フォアハンドストロークのテイクバックからラケットを振り始めるやり方は様々ですがインパクト面を後ろ(バックフェンス側)に向けて打つ選手が居ます。グリップの厚さと打ちやすい打点の位置や高さ、昔と違う進化した現代テニス。「グリップは厚いほどボール…

なぜゴファン選手はフェデラー選手に勝てないのか? (テニス)

全米オープン2019 男子シングルス4回戦 フェデラー対ゴファン ゴファン選手の特徴1 「テニスがヨーロッパ的」 我々が教わる"テニスの基礎"はドイツテニスの影響を多く受けている? ドイツテニスの影響を受けているように見える選手達 何がマイナスなのか? ゴ…

プリンス 新カーペット用テニスシューズ WIDE LITE III HC (テニス)

テニスシューズはインソールの減りより足が当たる内部の摩耗で交換することが多いです。今回、プリンスの新製品WIDE LITE III HCを購入しました。HCはカーペット・ハードコート用で、使用していたTOUR PRO LITE II HCからの買い替えになります。

個人的な注目ラケット Babolat 新Pure Strike Tourを買ってみた (テニス)

2019年8月22日にWorld wideでバボラ babolat Pure Strikeシリーズ (第3世代) の発売が開始されました。(国によって時期的ズレあり) 以前から興味を持っていた3世代目の新Pure Strike Tourを買ってみました。まだ少ししか使えていませんが感想等を書いてみた…

ボールの外側を触る意識がないと色々と厳しい (テニス)

ボールの外側を触る意識。角度を付けたボールを打つ際のコツのような扱いですが、常に違う状況で自分が狙う方向・角度に思う球種で打つ必要がある、物理法則に縛られるテニス故にラケットでボールをどう飛ばすかという意識を持つが結果に反映されるといった…

ダブルス前衛は相手にプレッシャーをかけるのが大きな役割 (テニス)

ダブルス前衛は後衛が打ち合うボールを奪いポーチする。それでは2人で攻守するダブルスは勝てません。練習していてもダブルスに対する理解が深まらない。周りも中途半端なダブルスばかり。改善するのは技術の上達より簡単でやり方も明確です。今回は相手にプ…

遅いボールと速度のあるボールを上手く使い分ける (テニス)

テニスでは野球ほど強く「緩急」を言われませんが、ボールの飛びや回転にに使われるエネルギー源はボールのエネルギーを反発させる、自らラケットでエネルギーを加えるの2つであり、「遅いボール=エネルギーが小さい」事からテニス固有の使い道があります。…

上達目指す以前に考えたい両足の役割について (テニス)

駆け出す際、止まる際、ラケットを加速させる・反発させる際。この3つの段階で他より強く地面を踏み身体を支えエネルギーを生む必要があります。スプリットステップをやる事の意義やスタンスを広く取れと言われる話など、ボールの打ち方では触れられないが上…

夏テニス、冷却・暑さ対策グッズをどうするか? (テニス)

夏テニスはしんどい 水筒: サーモス スポーツジャグ スポーツドリンク: クラシエ スカイウォーター ライチ味 冷却タオル: Max Cooling Towel 化学冷却グッズ: 冷却パック ヒヤロン等 ヒヤロン 屋外なら防止やサングラス、アームスリーブ等も 夏テニスはしん…

今更ですが、ニコロズ・バシラシビリ選手について (テニス)

今更ですがニコロズ・バシラシビリ選手 バシラシビリ選手と言えば バシラシビリ選手のプレイスタイル ゴンザレスさんに通じる共通点 ボールを飛ばすエネルギー源はラケットだけではない バシラシビリ選手のストローク バシラシビリ選手のスタッツ的な数字 コ…

相手コートのラインぎりぎりに打つ事を考える (テニス)

ゲームにおいて「ラインの少し外側にバウンドしアウト」は多いです。ダブルスには戦術やセオリーがあり、基本ポジションでも無駄に空いたスペースは無い。何もせずにそのままポイントを狙えばラインぎりぎりやアウトしやすくなるのは当然です。何が攻守の確…

脱力か? 力を込めるのか? それはボレー、サーブ、ストロークで違ってくる (テニス)

テニスの説明では「脱力」といった話と「(打つ瞬間等に)力を込める」という話が混在しています。ボールが飛び回転がかかる理屈と使われるエネルギー。各ショットの特性を踏まえて考えれば、ショット毎の「脱力」と「力を込める」の違いがあると感じます。両…

サーブのトスを安定して上げる方法を考える (テニス)

サーブにおいて「良いトスを上げるのは難しい」と感じますが、多くの場合、我々は「良いトスを上げてから、そのボールを打ちに行く」と考えています。強いエネルギー、良いエネルギーをボールに伝えるスイングを行う。それに合ったトスの上げ方、上げる位置…

幅広4Eのテニスシューズはなぜ無くなったのか? (テニス)

20年ほど前まで多くの方が使っていた幅広、4Eといったテニスシューズは市場から完全に消えてしまいました。「殆どの人にとって幅広シューズは必要ない」と聞いた事がある方もいるかもしれません。なぜ4Eシューズはなくなり、それで問題が起きないのかについ…

予測を習慣化してテニスを "簡単" にする (テニス)

予測し判断し行動しなければ良いテニスはできません。教わらずとも誰もが何らか予測を使いテニスをやっているはずですが、予測とゲームのやり方(ダブルスのやり方)を学び考え、自身のテニスに手順として組み込む事で、ボールを打つ技術はそのままであっても…

"最低限"サーブを上達させるために確認したい幾つかのポイント (テニス)

皆が「サーブは難しい」と感じ、サーブの打ち方やコツ、打つ形に答えを求めます。ただ、ボールが飛び回転がかかるのは物理現象でしかなく、安定的なインパクトとエネルギーの伝達、反発があれば再現性高くボールを飛ばせるでしょう。もっとシンプルで簡単な…

フォアハンドの調子を崩した際に私が確認している点、戻るための指標 (テニス)

テニスを続ける中で必ず訪れる不調。不調の際、スムーズに修正、回復できるよう自分のテニスに対する理解を深めておく。単純な点ですが、フォアハンドストロークが不調になった際、私が確認している点、修正方法等について書いてみました。

頭上を抜かれたロブをどう追い、処理するかという話 (テニス)

テニススクールでダブルスを教わる際、雁行陣で相手陣形を崩す一つの方法としてロブを教わります。ただ、ダブルスを問わず、相手が打つ高い機動のボールを返球するのが苦手な方は多いです。頻繁に起こるロブという状況に対し、うまく処理するため、ダブルス…

スポーツドリンク『クラシエ スカイウォーター ライチ味』 (テニス) (生活)

クラシエ スカイウォーター 以前、テニスをする際に飲むスポーツドリンクとしてクラシエのスカイウォーターを使っているという話を書きました。 www.lond-jnl.me ポカリスエットやアクエリアス、PB品も含めて色んなスポーツドリンクが出ている中、これを使い…