lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

テニス

センスや技術ではなく、誰もが一定レベルまで一様に上達できるための「テニスを理屈から考えるSelf Study」を続けています。

脱力か? 力を込めるのか? それはボレー、サーブ、ストロークで違ってくる (テニス)

テニスの説明では「脱力」といった話と「(打つ瞬間等に)力を込める」という話が混在しています。ボールが飛び回転がかかる理屈と使われるエネルギー。各ショットの特性を踏まえて考えれば、ショット毎の「脱力」と「力を込める」の違いがあると感じます。両…

サーブのトスを安定して上げる方法を考える (テニス)

サーブにおいて「良いトスを上げるのは難しい」と感じますが、多くの場合、我々は「良いトスを上げてから、そのボールを打ちに行く」と考えています。強いエネルギー、良いエネルギーをボールに伝えるスイングを行う。それに合ったトスの上げ方、上げる位置…

幅広4Eのテニスシューズはなぜ無くなったのか? (テニス)

20年ほど前まで多くの方が使っていた幅広、4Eといったテニスシューズは市場から完全に消えてしまいました。「殆どの人にとって幅広シューズは必要ない」と聞いた事がある方もいるかもしれません。なぜ4Eシューズはなくなり、それで問題が起きないのかについ…

予測を習慣化してテニスを "簡単" にする (テニス)

予測し判断し行動しなければ良いテニスはできません。教わらずとも誰もが何らか予測を使いテニスをやっているはずですが、予測とゲームのやり方(ダブルスのやり方)を学び考え、自身のテニスに手順として組み込む事で、ボールを打つ技術はそのままであっても…

"最低限"サーブを上達させるために確認したい幾つかのポイント (テニス)

皆が「サーブは難しい」と感じ、サーブの打ち方やコツ、打つ形に答えを求めます。ただ、ボールが飛び回転がかかるのは物理現象でしかなく、安定的なインパクトとエネルギーの伝達、反発があれば再現性高くボールを飛ばせるでしょう。もっとシンプルで簡単な…

フォアハンドの調子を崩した際に私が確認している点、戻るための指標 (テニス)

テニスを続ける中で必ず訪れる不調。不調の際、スムーズに修正、回復できるよう自分のテニスに対する理解を深めておく。単純な点ですが、フォアハンドストロークが不調になった際、私が確認している点、修正方法等について書いてみました。

頭上を抜かれたロブをどう追い、処理するかという話 (テニス)

テニススクールでダブルスを教わる際、雁行陣で相手陣形を崩す一つの方法としてロブを教わります。ただ、ダブルスを問わず、相手が打つ高い機動のボールを返球するのが苦手な方は多いです。頻繁に起こるロブという状況に対し、うまく処理するため、ダブルス…

スポーツドリンク『クラシエ スカイウォーター ライチ味』 (テニス) (生活)

クラシエ スカイウォーター 以前、テニスをする際に飲むスポーツドリンクとしてクラシエのスカイウォーターを使っているという話を書きました。 www.lond-jnl.me ポカリスエットやアクエリアス、PB品も含めて色んなスポーツドリンクが出ている中、これを使い…

スライスサーブを打つ際、身体は閉じるのか、回すのか (テニス)

最近少し話題になった鈴木貴男選手のスライスサーブレッスン。スライスサーブを打つ際、身体は回すのか、横向きを保ち開かず閉じるのか。自身のサーブの上達のため、それぞれのアドバイスが指す意味について考えてみます。

黒白版 PRO STAFF97シリーズが生産終了と聞きました (テニス)

黒白版PRO STAFF97シリーズは生産終了?? ブログに書くような事でもないのかもしれませんが、 「2018年リリースのPRO STAFF 97 シリーズ (黒白カラー) が生産終了」 という話を聞きました。 その話の中、眼の前で並べられていたデモラケットが回収されていき…

なぜ、ナダル選手のグリップは"厚く"ないのか? (テニス)

ナダル選手のグリップは "セミウエスタン" 位 グリップの厚さによる特性 「自然と打ちやすくなる」グリップによる打点の高低 グリップの厚さで「自然と打ちやすい」打点の位置は前後する 因みにボールを飛ばし回転をかけるエネルギーは2種類 リバースフォア…

新Babolat PURE STRIKEは間もなく発売? (テニス)

PURE STRIKE 2019 (2020) ? 全仏でティーム選手が次期PURE STRIKEのカラーリングのラケットを使用していますね。 Embed from Getty Images ただ、画像で見る限り、2013年に登場した初代PURE STRIKE(黒朱)のシルエットのままみたいです。 Embed from Getty Im…

アレックス・デミノー選手みたいにボールを追いたい (テニス)

アレックス・デミノー選手がオーストラリア期待のテニス選手です。特徴としてはそのフットワークで遠いボールにも追いつき、打ち返してしまいます。ストップアンドゴーを限りなく繰り返すというテニスの特徴を踏まえ、デミノー選手が走る様子から我々がテニ…

フォアハンド、打点での体の向き、正面向きだと安定して飛ばせない [後編] (テニス)

ストロークを打つ際、準備として横向きを作ります。フォアハンドはそこからの身体の回転をバックハンドより顕著に使用します。ラケットでボールを捉える際、回転しつつ動き続けている身体はどの方向を向いているのが良いでしょうか? 身体の向きとボールを安…

フォアハンド、打点での体の向き、正面向きだと安定して飛ばせない [中編] (テニス)

ストロークを打つ際、準備として横向きを作ります。フォアハンドはそこからの身体の回転をバックハンドより顕著に使用します。ラケットでボールを捉える際、回転しつつ動き続けている身体はどの方向を向いているのが良いでしょうか? 身体の向きとボールを安…

フォアハンド、打点での体の向き、正面向きだと安定して飛ばせない [前編] (テニス)

ストロークを打つ際、準備として横向きを作ります。フォアハンドはそこからの身体の回転をバックハンドより顕著に使用します。ラケットでボールを捉える際、回転しつつ動き続けている身体はどの方向を向いているのが良いでしょうか? 身体の向きとボールを安…

ドライタイプのグリップテープ『タフドライ (TOUGH DRY)』を買ってみる (テニス)

トーナのドライグリップテープ 私がテニスを最初に始めた頃の世界No.1がサンプラスさんだった影響で、その後もずっとトーナグリップのオリジナル オーバーグリップ (ドライフィール)を使っています。 グリップテープは安価なため景品等でいただく機会もあり…

『スライスサーブ、スピンサーブの回転』はその認識でよいのか? (テニス)

硬式テニスは回転をかけて打つのが基本 スライスサーブ・スピンサーブ フラットサーブが基本という考え方について 我々はボールの打ち方を "形" で学ぶ スライスサーブやスピンサーブの回転を考える スライスサーブの回転 スライダーとカットボール ストレー…

「ラケットのグリップサイズが細すぎる?」問題 (テニス)

テニスラケットのグリップサイズは2か3が標準とされますが表記通りに手の大きさを測定すれば「成人男性はグリップサイズ6が妥当」といった結果になります。私がPro staffで使用しているレ天然レザーのグリップ(元グリ)の使用感も含めてグリップサイズの太さ…

フェデラーが引退したらPro staffを使うプロは居なくなるのかも (テニス)

フェデラー選手のラケットカラー変更問題等、この所、その存在が難しくなってきている印象のWilson Pro staffの今後について少し考えます。

野球の「打たせて取る」感じ?どう返球させるかまで想定して打ちたい (テニス)

テニスは相手ありきのスポーツで自分が打てば終わりとは行きません。球出しのボールを繰り返し打つだけでなくゲーム中の状況に沿った練習を積む必要があります。テニスで予測は必須ですが自分の望む状況を作るために相手にどうプレイさせるか、ただ打つので…

クロスにボールが打てない。ボールの後ろに入ると言われる話 (テニス)

クロス方向にボールを打つのが苦手な方が居ます。まっすぐボールを打つの基本だとすれば身体の向きを変えれば順クロスも逆クロスも打てる理屈ですが、ラケットとボールの関係性、身体の使い方を目を向けると必要な条件が見えてきます。それらは教わる基本の…

バック側にボールを打つ意味をもう少し考えてみる (テニス)

テニスにはフォア側とバック側のショットがあり「フォアよりバックが苦手な人が多い」という理由で相手のバック側を狙ったりします。ただ、フォア側とバック側では身体の使い方に違いがあり、それもバックが苦手な人が多い理由の一つになります。その辺りも…

サーブは理解しづらいからインパクト付近の条件だけを考えてみる [前半] (テニス)

サーブは目から遠い頭上のボールを打つ事でストロークやボレーほど直観的に打てません。自分がどうやって打っているのか分からないままなら、サーブ全体を見るより個別に確認していく方が上達のための理解が深まるかもしれません。今回はサーブのインパクト…

CW-X アームカバー (アームスリーブ) HU608 を買ってみました (テニス)

テニスにおける肘ケア目的でマクダビッドのアームスリーブを半年使ってみましたが良い製品ながら困る点もあり、今回CW-Xのアームカバーを買ってみる事にしました。

ラファエル・ナダル選手がご結婚されるみたいですね (テニス)

ラファエル・ナダル選手がガールフレンドはシスカ・ペレロさんとご結婚されるみたいですね。昨夜のニュースで知りました。

テニスシューズが自分の足形に合うかどうか、試着に合わせてインソールを見るのはどうだろう (テニス)

「テニスシューズは試着してから買うもの」確かにそうなのですがメーカーや製品毎の足形の違いを試着だけで確認するのは大変です。新品と履き続けた後では状態も変わります。ネットにも外見や宣伝文句以外の情報が少ない中、シューズを判断するのにインソー…

全豪オープンでは選手の新ウェアやシューズに目が行ってしまう (テニス)

年が変わっての最初のグランドスラム大会である全豪オープンでは選手達の新しいウェアやシューズに目が行きます。契約変更などもあり、目についた各選手の新ウェア、新シューズを見てみましょう。

テニスフォーラムさんのYouTube動画がかなりスゴい (テニス)

「自分のテニスを上達させるのは自分自身。上達のため自分のテニスの理解を深めたい。」自分で考えるためテニス以外を含むスポーツ動画をYouTubeで日々見ています。先日ご紹介したテニスフォーラムさんのYouTubeチャンネル、他の動画もかなり参考になると感…

ボールを打つ際の体軸の位置や傾きといった話 (テニス)

フォアハンドでは利き腕肩を後ろから前に戻す距離でラケットの初期加速させるため体軸の傾きはマイナスに働きます。体軸と頭部は常に両足の間にある事が望ましいですが身体の回転=円周軌道のスイングとはなりません。ラケットは慣性の法則で直進しようとしま…