lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スマッシュを頻繁にネットしてしまう原因はジャンプして打つ事にある (テニス)

スマッシュというショット

テニスにおいてオーバーヘッド (頭の上のボールを打つショット) の一つとしてスマッシュがあります。

Embed from Getty Images

スクールでもスマッシュの練習はしますし、我々が行う事が多いダブルスでもスマッシュを打つ機会はたびたび訪れます。

でも、ダブルスをやる際、スマッシュのチャンスをネットしてしまう方はとても多いと思います。

オーバーしてしまうケースもあるでしょうがそれは落下地点に入る移動が完全でなく、打点が手前過ぎてインパクトでラケット面が上を向くことから起きると思います。修正は難しくありません。 

球出しで打つスマッシュ練習では問題なく打てているのにゲームになると頻繁にネットにかけてしまう。周りの人も同様だ。これには明確な原因がひとつあると思っています。

その前にスマッシュを考える

 スマッシュはサーブと同じような打ち方をする、スマッシュとサーブは同じですと言った説明がされると思います。実際、打っている様子を見ても同じように見えますね。

でも、サーブとスマッシュは分けて考える方がよいと考えます。その理由はネットまでの距離から来るものです。

以前、サーブに必要な身長の例として上がる2mの人が無回転のサーブを打った場合について考えたことがあります。 

www.lond-jnl.me

重力や空気抵抗等の諸条件を無視、ベースライン中央からネット中央の一番低い位置を通すセンターtoセンターの最短距離で打つとして、身長2mの人であってもネットの上7cm程の空間をボールの中心が通らないとサービスライン内に収めることができません。テニスボールの半径は3.2~3.4cm (直径6.54~6.86cm)。ボールの下端からネットまでの隙間は3.5cm位です。

身長2mの人が無回転のサーブを打つ条件

空気抵抗や重力を無視してすらこんな精度でサーブが打てるはずもありません。我々が言うフラットサーブは自分ではコントロールしようもない重力や空気抵抗に依存して"たまたま"入っているだけです。2回に1回入れられないだけでポイントを失うサーブにおいて偶然に依存する選択肢は有りえません。つまり打つだけで自然とトップスピンがかかるフォアハンドがストロークの基準となるのと同じく、打つだけでナチュラルに回転がかかるサーブが"サーブを打てる"という最低ライン。そこから回転量を調整することでスライス系、スピン系等と変化を加えるのが"サーブを打つ"ということだと考えます。

では我々が教わる"フラットサーブの打ち方"とは何に使うのか?

その答えがスマッシュでしょう。

ネット際で打つことでネットを越すためにボールを上向きに打ち上げる必要がなく、特殊なケースを除き回転をかけることも不要、落下してくるボールに対しラケット面で上から抑えるように捉えるシンプルなインパクトで十分です。 

ネットからの距離も関係しますが、かなり手前に打ち下ろす場合からベースライン内に収めればよい距離までかなり打ち下ろす角度の幅があります。余裕を持って準備ができればスマッシュ自体はサーブよりはるかに楽に打てるものです。

逆に言えばサーブにおいて"無回転に近いサーブを打つ"と考えている時点でポイントする確率以前の思考だと思います。狙った位置にそれなりの速度でスライスサーブを打てないのなら尚更ですね。

 

  •  
  •  

 

スマッシュをネットする原因

スマッシュを打つ際、ネットしてしまう原因はシンプルに『打ち出し角度が合っていないから』です。

サーブの例ではありませんが、ベースライン付近に上がったロブでも打点から相手コートのライン内に着地する軌道がネットを越すものであればネットはしません。(プロ選手はベースライン付近からスマッシュを打つ際はサーブのように回転をかけたりしますが)

では、球出し練習では問題なく打てているのにゲームになるとネットしてしまうのは何故かというと一つ理由となるのが『練習においてジャンプしつつスマッシュを打っていること』です。

スマッシュを教わる際、"スマッシュとサーブは同じ"と言われることもあり、多くの人がサーブのイメージで無意識でも"ジャンプしながら"スマッシュを打ちます。

プロ選手もジャンピングスマッシュを打つこと多いのでその映像が印象にもあるでしょう。

Embed from Getty Images

でも、上で伸べたようにスマッシュはネットに近い位置で打つので打点を高くしてネットを越す工夫をする必要がありません。 極端ですが、ネットの最上部、白帯よりも上で打てればネットは越せます。

テニス ネットの上の白帯

プロ選手がジャンプしてスマッシュを打つことが多いのは、相手が打つロブが高い速いのでジャンプしないと打点の高さや位置を合わせきれないため。あくまで"応用"です。

ジャンプした分、打点の高さは両足が付いた状態より+15cm位の幅で調整が効くようになります。ジャンプして頂点の高さから落下するまでに打点のタイミングや高さが合えばいいですからね。

バスケットボール選手がジャンプした状態でシュートを打つ、ハンドボール選手がジャンプした状態でゴールを狙うのも同じような理屈だと思います。身体が空中にあると時間がスローモーションになったような感覚になりますね。

Embed from Getty Images

ただ、野球のピッチャーがキャッチャーミット目がけてボールを投げるとして、両足でジャンプした状態で投げたら?と考えてみてください。

Embed from Getty Images

思うような精度でコントロールできるはずがありませんね。 

サーブの動作は投球動作に近いと言われます。スマッシュも同様です。

正確にボールを捉える、正確に狙った位置に打つことを考えれば、まず、両足が地面についた状態、身体や視線が上下動しない状態で打つのが望ましいことは想像がつきます。

サーブが安定して打てない理由も"ジャンプ"にある

因みにサーブが安定して打てない方は多いですが、その理由はよく言われる「トスが乱れること」と同じ位「ジャンプすること」が関係すると思います。

前述した通り、必ず回転をかけて打つ必要があるなら2mの人でもジャンプして打点を高くする理由がありません。 サーブはジャンプして打つものという"刷り込み"から膝を大きく曲げてジャンプすることに繋がり、ジャンプにより身体の軸はブレ、視線もブレるので毎回正確にボールを捉えることが出来ない、結果、毎回、飛び方が違う、打ちたい方向に飛ばせないということが起きます。

トスは横向きの状態から上げる(※)ので、ジャンプしないと足や身体を目標方向に向けるタイミングが確保できない (横向きのまま上半身を回転させると窮屈で不自然な打ち方になる) のですが、基本の打ち方で言えば、腕を振りラケットを加速させるために地面を踏む反動でほんの数cm浮く位で十分だと思います。 

サーブ 横向きから正面を向いていく

※フォア側のショットで横向きから大きく身体を回転させるのは、準備段階として横向きを取ることで利き手肩の位置を一旦後方に下げ、身体を回転させることで再び身体の前側に移動させることでラケット加速を得る (加速のための距離を確保する) ためだと考えます。利き腕肩が身体の前側にある正面を向いた状態のままでは腕の力だけでラケットを振るしかできないです。最初から利き腕肩の位置が身体の前側にあるバックハンドはフォア側ように積極的に身体を回転させる必要がない、軽く捻って戻す程度で打てるのはそのためです。

テニス フォアハンド テイクバック テニス バックハンド テイクバック

テニス全般そうですが上達したければ『考えること』だと思います。コツを調べることではありません。自分のテニスを上達させるのは自分自身、コーチや周りの人ではないです。

コーチの説明が間違っているという事ではありません。「言われる内容がどういう意味があってどう効果を生むのか。それはどういう理屈に基づいて発生するのか」を考え、理解することで初めて"根拠に基づいてボールを打てるようになる"訳です。 

「ラケットを振る際に重心を落とす」と言われて姿勢を低くしてもそれが何にどう影響するのか自分なりに理解していなければ5分後には元に戻ってしまいます。「姿勢を低くすればスタンスが広くなり両足で地面を踏む反力をより使える。これと身体の回転、腕の引きを活かしてラケット加速に繋げられる。」といった理解があればそもそもの部分から違ってきます。「重心を落とす」という指導はありがちですがそういう内容は含まれませんからね。

 

 

両足がコートについた状態でスマッシュを打つ

プロ選手が試合前のフォーミングアップ時や練習でスマッシュの確認をする際、ジャンプして打っていない様子を見てみましょう。

フェデラー選手

 ブライアン兄弟

必要がなければジャンプしないでスマッシュを打っているのが分かります。

我々がスマッシュでネットするケースの多くは、ゆっくりと余裕を持って上がってきたボール(短いロブ等)を打つ場合ですから、しっかりと準備をして、落下位置を丁寧に合わせ、落ちてくるタイミングに合わせて、足を踏み込みながら両足がコートに付いた状態で打てばいいと思います。

Embed from Getty Images

そんな単純な事でネットしなくなるのかと思う方は、まず周りの方がスマッシュ練習をしている様子を見てみるのが良いと思います。レベルにもよるでしょうがほぼ全ての方がジャンプしながらスマッシュを打っていると思われます。

ネットを越す難しさもなく打ち頃の速度、高さで上げられる球出しのボールを打つ。スマッシュは難しくない (実際それほど難しくはない) という思い込みがジャンプして打つか、しないで打つかという些細な違いに目が行かない、ミスをするのは技術が足りないせいだという思考に繋がります。自分が知っている (出来ている) と思っている人は改めて学ぶことはできません。(「すでに知っていると思っていることを学ぶことは不可能だ」ギリシャの哲学者エピクテトス) 自分が出来ていると思ってしまうからこそ、"コツ"等、ちょっとした事で上達すると考えてしまうのだと思います。

ジャンプしないでスマッシュを打つのは逆に難しい

前述したようにジャンプしてオーバーヘッドを打つのはボールの落下に対する打点位置、タイミングを合わせやすくなるので、両足がコートに付いた状態で落下してくるボールをスマッシュで打つのは難しさがあります。

準備をした状態のまま落下を待ち構える訳ですから、振り始めが速すぎてはラケットが届かない、遅すぎては打点が低くなりすぎてしまう。丁寧な打ち方が求められます。

テニス スマッシュで打点を落とし過ぎる

逆に言えば、球出しのスマッシュ練習でジャンプせず、両足がコートについた状態で狙った場所に思った軌道で確実に打てるよう練習をしておけば、ゲームでスマッシュを打つ場面が来ても、落ち着いて決めることができるようになるという訳です。

ボレーもスマッシュも咄嗟に機会が来て慌ててしまうのがミスのものですから。全てのショットは自分なりに自信を持って打てることがミスを減らすのに大事です。

本当の意味でスマッシュを上達させたかったらまずはジャンプせず確実に打つことを考えるべきでしょう。 

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

思ったよりも高いロブが来た場合にジャンプしつつ打つのは応用ですし、ジャンプして打つ方が簡単な訳ですから、ジャンプしないで打つ練習をしていればこれもより落ちつて打てるようになります。

スクールに通っている方は、スマッシュ練習の際、周りの人をよく見てみてください。ほぼ全ての人が無意識にジャンプしてスマッシュを打っているはずで、逆にジャンプせず両足がコートについた状態、重心を落とした体勢でスマッシュを打てている人は考えてスマッシュが打てている人、ダブルス等ゲームの仕方を考えられている人だと思います。そういう方々の姿勢に学びたいですね。