lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブを打つ際、トスを上げた手をどう下ろすのか考えてみる (テニス)

サーブでは非利き手でトスを上げる

サーブを打つ際、ボールを非利き手(右利きなら左手)に持ってトスを上げ、ボールが空中に浮いている間に利き手(右利きなら右手)でスイングを行い、ラケットを加速させ、ボールを打ちます。

サーブ トロフィーポーズ

サーブを打つ際にトスを上げた方の手は "何かしらのタイミング" で下ろしていると思います。

頭上に上げたままではボールを打つ際に邪魔ですし、コーチやプロ選手の打ち方を見て無意識にやっている感じかもしれません。

トスを上げた手を下ろしてサーブを打つ

トスを上げる事とは関係なく、非利き手側の腕を下げた状態のままサーブやスマッシュ等のオーバーヘット系のスイングをすれば、ぎこちない振り方、強く腕を振れないのはなんとなくでも想像できます。

良し悪しは別に、まさに"腕だけ"で振る感じです。

トスを上げた手を下ろした状態ではラケットがうまく振れない

トスを上げた手はギリギリまで下ろすなという話

よく、サーブやスマッシュの説明で

「ラケットを持つ方と反対側の手はボールを打つギリギリまで頭上に差し伸ばしておけ。早く下ろしてしまってはダメだ。」

と言われます。

上の図のように、非利き手を下げた状態では身体全体でスイングできなくなる、バランスが悪くなるのは想像できますが、サーブの打ち方を教わる際「トスを上げた手を何時、どうやって下ろすのか?」という点はそもそも曖昧なままにされている気がします。

そこで今回は、サーブを打つ動作の中でも

「トスを上げた非利き手をどう下ろすのか?」

という点を中心に、最近考えている事を書いてみようと思いました。

 

  •  
  •  

 

ボールが飛んでいくためのエネルギー 

まず、ラケットでボールを飛ばす事のおさらい。

ラケットでボールを飛ばすエネルギーは大まかに

1)飛んでくるボールの持つエネルギーをラケットで反発させる。

2)ラケットを加速させ発生したエネルギーでボールに伝える。

の2つで得られます。

また、ボールやラケットの持つエネルギー量は『1/2 x 重量 x 速度 ^2 (2乗)』で計算できます。

これらを踏まえて考えると

・時間のない中で正確に捉える、ネット際だから遠くまで飛ばさなくて良いといった点から"1を主とする"のがボレー

・ベースライン付近の距離がある所から飛ばす事で"2を主とする"のがサーブやストローク

といった区別ができます。

特に、サーブにおいては、ボールが自分に向かってくる速度は"ほぼゼロ"なので、実質ラケットを加速して得られた運動エネルギーだけでボール飛ばすショットになります。

飛んでくるボールを押し支える姿勢とより遠くへ飛ばすための工夫

ボールのエネルギーを支え反発させるためには、

『ラケットを持つ利き腕肩の位置が身体の前側にある状態、腕や手が肩から前後左右、上下に離れすぎない一定範囲にある状態』

なら、足や身体の力も使い、ラケット面を支えやすいです。

手や腕で押し支える

図はフォア側を前提にしていますが、バック側も同じ理屈です。

ただ、上で述べた通り、ボールを遠くまで飛ばす、十分に回転をかけるには"ラケットを加速させる工夫"が必要になります。

ラケット重量は固定なので、計算上、インパクト時のラケット速度が速い程、飛ばす・回転をかけるためのエネルギーを大きくできます。

また、サーブは原則利き腕側で打つ、フォア側のショットです。

フォア側は、

身体を捻る・スタンスから全身を横向きにする等して横向きを作り、"利き腕肩の位置を一旦後方に下げる"準備段階を取ります。

そこから、これらの方法で作った横向きを戻すのに合わせて、地面を踏む反力、腕による引き等を使ってラケットを加速させます。

利き腕肩の位置を一旦下げる事で"ラケットを加速させるための距離を確保している"訳です。

フォアハンドで横向きを取ると利き腕肩は"身体の後ろ側"

フォアハンドのテイクバック

人の腕の関節(肩・肘・手首・指)は身体・肩の外側から内側にかけてより多く柔軟に曲がるのでフォア側のショットでは身体の回転と合わせてこれも使います。

※フォアと違い、バック側は横向きの準備段階から利き腕肩は身体の前側にあって変わらないので、フォア側程、積極的に身体を回転させずに打つ打ち方になります。

 

  •  
  •  

 

サーブ動作と投球動作を比較する

サーブにおいて、ラケットを振り始める際の段階に存在する"過程"

『トロフィーポーズ』

です。

Embed from Getty Images

シャポバロフ選手のトロフィーポーズですがトスを上げた側の手を頭上に差し伸ばしています。

因みに「トロフィーポーズで停止する」という事

トロフィーポーズを"サーブの一過程"と書いたのは

「トロフィーポーズという形を作る、停止する」

という説明に疑問を感じるからです。

トスしたボールが想定する打点位置まで落ちてくる時間が"ゼロ"、例えばボールが打点の位置(空中)に固定されている状態と考えれば、トロフィーポーズでの停止は本当に必要でしょうか? 

サーブでもスマッシュでも良いですが、トスを上げない "シャドースイング(素振り)" をするなら、最初から最後まで止めない、連動した一連の動きとして行った方がスイングはスムーズに出来ると感じると思います。「トロフィーポーズで力を溜める」と言いますが途中止めずに振った素振りの方がラケット速度が遅いなんてことはないですね。この後、比較に用いている投球動作では、最初から最後まで"長い完全停止"を行う過程はなく、それでも150km/h以上のボールが投げられています。

トロフィーポーズ後の動作に含まれるジャンプも、ジャンプする直前に膝を曲げ沈み込んだ方が自然と強く飛べるのを感じます。膝を曲げて停止した状態から飛び上がるのは大変でしょう。 

これらの事もあり、トロフィーポーズでの"長い完全な停止"は単純にはボールが落ちてくるのを待っている無駄な時間だと考えています。

もちろん人それぞれのタイミングや打ち方がありますから「サーブはクイックで打て」等とは言いません。ただ「トスは皆が思う程高く上げなくても良い」という事は言えるでしょうか。

投球における非利き手の使い方の工夫

投球動作、投てき動作とサーブを打つ動作に運動的に近いと聞きますが、野球の指導において、ピッチャーが投げる際の

「グローブをはめた非利き手(前田投手なら左手)の使い方が大事だ 」

という話はよく言われます。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images  

これには

「肘や手の平の角度を意識する事により身体の回転と腕の振りが強くスムーズに連動できる」

という工夫が含まれています。

正しいグラブの使い方

このような説明を聞く事で

非利き手の使い方が"身体の回転"と"投球動作の腕の振り"に影響を与えるのであれば、同様に身体の回転と腕の振りを行っているサーブにも共通するだろう」

と考えました。

野球だけ、テニスだけをやっていると教わる動作が"野球用"、"テニス用"だと思ってしまいますが、運動をするための身体の構造、機能、仕組みは基本的に皆同じなので、似たような動作は共通してくると考える方が理解は深まります。

テニスについて考えるための知識を"他スポーツの説明"にも求めたいです。スポーツではない日常生活での動作ですら "人の身体の仕組みに基づいてしか" できないのですからね。

トスした手を下げ始めた状態を見る

以下はラオニッチ選手の写真ですが、"トロフィーポーズから打ち始めに移行した辺り"だと思います。

Embed from Getty Images

左手、両肩のライン、右手の上腕(右肘まで)が一直線に並ぶような状態になっているのが分かります。

この段階は、投球動作でボールを投げる際、右腕を振り始める時点 (右手の肘が90度、脇が90度、肩の延長線上に上腕がある) に至る際に、右手と左手を左右に張る、肩甲骨を寄せて胸を広げるようになっている状態に近いと感じます。

Embed from Getty Images

トロフィーポーズを"投球動作の両肩のラインを傾けたもの"と考える

トロフィーポーズの段階における両肩のラインを見れば、"非利き手側の肩は上に持ち上がった状態""ラケットを持つ利き手側の肩は下がった状態"にあります。

サーブ トロフィーポーズ

左右の肩の高低差を入れ替えてスイングするという話

サーブの指導では

「トスを上げた際の左右の肩の高低差を入れ替えるようにしてラケットを振る」

と言われる事があり、実際、そういったアドバイスを元に意図的な肩の上げ下げを行いつつサーブを打つ方もいます。

横向きのまま、身体の真横で右腕を上げる、左腕を下げる動作

サーブ 左右の肩をれ替える??

これを肩周りと腕の構造から考えると

人の身体は上腕部(肩から肘まで)の骨は肩関節部にカポッと埋まっており、

『肩を上に持ち上げないと、腕は肩よりも上に上がらない』

ような仕組みになっています。

肩周りの骨や筋肉を上に持ち上げ、肩と上腕をクルッと回転させないと、肩のラインより上に腕は上がっていきません。(実際に自分で試してみましょう)

肩を上げないと腕は肩より上には上げられない

サーブにおいても、一方の腕を上げるから同じ側の肩も自然と上げる、腕を下げるから自然と下がる仕組みになっている訳です。 

トスを上げる際、肩を支点に腕全体を上げていきます。肘や手首が曲がってしまうと安定してトスを上げられません。左右の肩が上がる、下がるという事象は「腕全体がしっかりと動いているか」という目安に過ぎないという事でしょう。トスを上げる非利き手側の腕がしっかり上がらないとその名の通りトロフィーポーズの状態にもなりませんね。

「両肩の高低差を入れ替える」説明は理解の前提となる情報や説明が不足していると思いますし、これはテニスの説明ではよくある問題点です。

両肩ラインの角度を水平に近くしていくと投球動作に近づく

リリース位置よりも低い場所に居るキャッチャーのミット目掛けて投げるピッチャーラケットの長さ分だけ手よりも高い位置で打つサーブ、ネットを越すために回転をかける(=下から上に振る)サーブとでは腕を振る、ラケットを動かす角度が異なります。

ただ、単純に水平に近い方向へ、サーブやスマッシュのようなオーバーヘッド系のショットを打つ、ラケットを振ると考えれば、自然と左右の肩のラインも水平に近い状態になるでしょう。

両肩を結ぶ線の傾きを下げると投球動作に近づく

この打ち方はピッチャーの投球動作に近くなってきます。

ただし、投球とサーブには明確な違いがある

厳密に言うと

『完全にキャッチャーに身体が正対した状態で利き腕肩よりもできるだけ前の位置でリリースしようとする投球』『回転をかけるため薄いグリップ + 身体に近い打点、身体の回転の横向きが残っている段階でインパクトするサーブ』

という違いがあります。

敢えて表現するなら

・テニスで投球を再現するなら完全なウエスタングリップで打つスマッシュ(身体の前方腕を伸ばした打点で打つ)

投球でサーブを再現するならカーブを投げる動作 (身体の横向きを保った段階で"前"よりも"利き腕方向"に腕を振っていく。腕を振る方向と身体の向きのズレ。)

といった感じです。

運動自体は共通するものなのでサーブについて考えるために投球動作を参考にはできますが、キャッチボール等を含めた"ストレートを投げる経験"のイメージでサーブを打ってしまうとグリップや身体の向きの前提が違うので回転がかけられなくなります。

 

  •  
  •  

 

投球動作から考えるトスを上げた手の下ろし方、使い方

野球の投球動作における非利き手側の使い方を参考にすれば、

「サーブにおけてトスを上げた非利き手は真下方向にまっすぐ下げるだけでない」

「身体の回転を腕の振りにしっかり連動させるために非利き手の肘や手は一定の角度を保ちながら下げる、動かすのが望ましい」

のだろうと考えられます。

繰り返しますが「サーブと投球で違いがある点を認識した上で」です。 

より具体的には

1.腕を強く振るために非利き手側の肩が早く開かない事。肩を閉じて置く事でギリギリまで身体の回転を抑え、一気に回転に繋げる事ができる。

Embed from Getty Images

2.トスを上げた手を下ろす際は、腕を内側(親指側)にひねって小指側が上を向くようにする。(トスを上げる際は手の平が上を向いている) 同時に肘を張り、利き腕肩の開きを抑える。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

3.肘や手が肩よりも"身体の前側" にないと非利き手側の肩は閉じられず、肩が開きやすくなる、身体の軸が前に倒れてしまう等の要因になる。

トスを上げた手が身体の前側に残っている状態 トスを上げた手が身体の横側にある状態

4.現在は、横向きを作りボールを持つ手の肩の前でベースラインと平行方向にトスを上げるという説明が多くなっている。この場合、下ろす腕は最初から肩よりも前側にある訳で大きな問題はないはず。逆に、ネット方向にトスを上げる方は下ろす際に非利き手をどう使うか考える必要がある。

左肩の前でベースラインと平行方向にトスを上げる錦織選手

Embed from Getty Images

ベースラインを越えてネット方向にトスを上げるヤノビッツ選手

Embed from Getty Images

5.肩を閉じるように腕を使い身体の回転を抑えていたものを一気に回転させる。

6.トスを上げた方の手が肩のラインより下がってきた頃に"肘を曲げて肘を身体側に引きよせる"ようにする。"親指" や" 手のひら" が上を向く。腕が肩の高さよりも下がり、肘を引きつける事で肩が開き、身体は回転しやすくなる。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

「逆側の腕を強く引き寄せる反動でラケットを振る側の肩や腕が前に出やすくなる」とか言われますね。サーブに限らず、ボクシングのストレート、柔道の背負投げ、投げ釣りで竿を振る際、例に事欠きません。

7.サーブは踏み込み足側の足先から頭までが一直線になり身体が回転する。"引き寄せた側の体側(身体の横側)が回転の軸"になるため、トスを上げた側の手の引き寄せが身体の回転に影響する。

Embed from Getty Images

身体の中心に軸があるままでは両足がつっぱって股関節から上が回転できません。テニスでは「体重移動」という表現で前足側への軸移動を行い、回転運動をしやすくしています。

 

スクエアスタンス 横向きテイバック

前脚上に身体の回転軸を移動させ回転でフォアを打つ

実際には"体重の移動"ではなく、回転を強く起こすため、回転軸・中心軸を踏み込み足側に寄せていると言う事。体重を"前"に移動させつつ打つ事が必須なら、前側の足を上げて打つ事が多いナダル選手のボールは他選手より弱くなるはずです。

Embed from Getty Images

昔はラケットが木製でボールが飛ばないため前に踏み込んで打つのが必須だった。その見た目を「体重移動して打つ」と表現した。実際には身体の回転をしやすくするための工夫で、ラケットが飛ぶようになった現在、前後左右様々な体軸でボールを打つ状況の中で矛盾が出ているという事かと思います。 

www.lond-jnl.me

最後に投球動作とサーブの動画を比較してまとめ 

 ピッチャーの投球動作

サーブの動作

 

『途中にネット等の障害物が無く、目標であるキャッチャーのミットよりも物理的に高いマウンド上から腕を振り下ろして投げるピッチャー』に対し、『途中にあるネットの高さを越えた上でその直後にあるサービスボックス内に着地させないといけない。腕の長さ+50cmほど遠い位置のラケット面で打たないといけないサーブ』という違いがある両者。

前述した『必要となる回転を発生させる都合上、投球におけるストレートと変化球のような身体の向きと腕を振る角度・軌道の違い』もあります。 

とは言え、一般に言われる「投球動作とサーブを打つ動作は身体の使い方に共通点がある」というのは比較していても強く感じます。

ボールを打つのは身体各部の動きの確認や準備ができてから

テニスではラケットを使うので、ラケットを振る事、ラケットで強くボールを打つ事に強く注意が向いてしまいがちです。

ただ、ボールを飛ばす・回転をかけるためラケットに持たせる運動エネルギーを大きくするにはシンプルにインパクトにおけるラケット速度を上げる事です。

ラケット速度を上げるのに腕だけを一生懸命速く振ろうとしても限界は低いですし、何より安定してボールを捉えられません。(元巨人の桑田真澄さんが少年野球の指導で「逆立ちで2km進むのは不可能。足なら簡単。腕だけでなく遥かに強い足の力を使うべきでしょ?」と言われていました。)

ストローク同様、フォア側のショットであるサーブにおいても

「横向きになり一旦下げた利き腕肩を身体の回転により身体の前側に戻す距離をラケット加速に使う」

のですし、

「単に身体を回すだけでなく、足の力を使ってある瞬間強く一気に回転させる方が強い力を産め、それがラケット加速に活かせる」

とも言える気がします。

今回の「トスを上げた手をどうやって下ろすのか?」も「振るのに邪魔だからなんとなく下ろす。」のではなく、強く瞬間的な身体の回転を生むために有効な腕の使い方をする方が望ましいのは、投球動作やプロ選手がサーブを打つ動作で共通点が見られる事からも明らかだろうと考えます。

「サーブを打つ際、ラケットをうまくボールに当てるのすら難しいのに、トスを上げた手の下ろし方まで気にしていられないよ。」

と思ってしまいますが

「走るだけなら誰でも出来る。ただ、"速く" 走りたければ、身体の使い方、走り方を理解した上で "その走り方で実際に走れる" 必要がある。ただ走るのを繰り返すだけの練習では期待するような改善は出来ない。」

のも事実です。

サーブについては皆が難しい、うまくできないと感じるショットです。私自身も思ったように上達しないです。

その原因の一つは他ショット同様「サーブの説明で言われる内容の情報量が足りない事で教わる側が理解を深められないで居る事」だと思います。

言われる通りやってみてもうまく打てないなら理解できていないと言う事でしょう。そう言うと「テニスが上達しないのはコーチの教え方が悪いからだ」という話と結びつける方が居そうですが『自分のテニスを上達させるのは自分自身。コーチや周りの人ではない』のは真理だと思います。

自分で自分を上達させるために必要な事を考え、取り組みたいです。サーブがうまく打てない人が全員、才能が無いと打てない程のテニスをやろうとしている訳ではないですね。

私自身、自分の上達のためにも、もっと色々な面でサーブの上達に繋がると思う内容を考えてみたいと思っています。