lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブ、ラケットの担ぎ方を考える (テニス)

部分、部分を確認し、全体を組み立てていく

ただ「走る」事と「長く走っても疲れにくい」「速く走る」事とは違うように「効率が良い、怪我をし辛い、速く走る」には体の機能や使い方を確認し、それが無意識の「走る」に組み込んでいく必要が出てきます。自己流の投げ方で速いボールを投げようとし続けると簡単に故障してしまうのも同様です。

ラケットを使ってボールを打つ事は全身運動と言えるので、特に考える事なく骨格、関節、筋肉等が連動して動き、ストローク、ボレー、サーブといったショットをスムーズかつ精度高く実現できるようになるのが望ましいはずです。

今回はサーブについてですが、多くの方が「サーブは難しい」と感じるのは、

・ストロークやボレーと異なるボールとの距離感 (物理的に目から遠い、頭上のボール、目安となる背景物が少ない、自分の身体も見えず状態が把握できない)

・肩よりも上でラケットを振るという動作の差異

・足を動かして位置調整できない状態でトスしたボールを打つ難しさ 

等々、サーブ特有の色々な難しさを自分なりに消化(理解し運動に結びつける)する必要があるからでしょう。

要は「どう打てばいいのか分からない」という事です。

ただ、皆が期待する「○○すればサーブの速度が上がる、回転が強くかかる」といった "コツ" の類では劇的な改善はしないと皆実感があると思います。それは自分の技術不足だからでもありません。

自分のテニスを上達させるのはコーチや周りの人ではなく"自分自身"なので、自分の理解が進まないと自分の状態は良くなっていかないです。

スクール等で教わる『サーブの打ち方』や『コツ』でうまくならないのは

「教わる人が理解しやすい内容になっていないから」

「教わる人が理解しやすい情報や根拠が説明に不足しているから」

かなと思います。

※教え方が悪いのではないです。殆どの方がその内容で練習をしてきている訳ですからね

ただ「走る」と「効率良い、怪我をし辛い、速く走る」との違い同様、どう身体を使い打てばよいのかよく分からないサーブを

a. 各部の身体の使い方を確認していく作業を行う

b. それらをどう組み合わせて行っていくかを確認する作業

を通して自分の理解を深めていく (レッスン以外の自習・予習) を考えたいです。

手順としてのそれらの流れはストロークやボレーも同様にできるでしょう。

なお、人は自分が持つ情報の範囲でしか物事を考えられない (それがその人の常識) ので、情報が増えると「○○するのが正しい。××するは間違いだ。」と言いがちです。

コーチの説明が自分の理解と異なっていても「別の面から見れば同じ事を言っているのかな?」「共通する点はどこだろう?」と考える方が理解は深まります。(対価を得てコーチをやっている方が"全く的はずれな事"を言い続けるとは考えづらいですね。)

ごく基本的な説明でも「そんなの分かっているから自分には関係ない」と思ってしまう姿勢が自ら上達の機会を阻みます。「すでに知っていると思っていることを学ぶことは不可能だ」です。

 

  •  
  •  

 

サーブと投球動作は近いけど違う

ボールを投げるような動作(投てき動作)はサーブを打つ動作に近いと言われます。色々比較をしてみて私もそう思います。

ただ、明らかに違う部分もあり、それを踏まえて確認していかないと参考にする意味が薄れてしまうでしょう。

該当すると思う点をあげてみましょう。

1. 回転の違い

投球動作を参考にする際、イメージする投げ方は直球を投げる動作だと思います。

Embed from Getty Images

ピッチャーで言えば「ストレート (4シーム)」です。野手が行う基本的な送球やキャッチボールでも意味なく変化球の回転でボールを投げる人は居ません。

ピッチャーの投げるストレート(4シーム)は重力や空気抵抗に逆らって浮き上がって進もうとする回転(逆回転)です。飛んでいく推進力が重力や空気抵抗に逆らえなくなると落下します。

これはストロークやボレーで言う「スライス回転」にあたります。

逆にサーブで求められるのは順回転のボールです。

ストロークで打つ「トップスピン」と同じ回転方向です。

トップスピンは投球で言えば「カーブ等」の回転。

もともと空気抵抗ですぐに落下してしまうので、逆回転(スライス回転)よりも"直進する力" (前に飛ばすためのボール速度) が強く求められる回転です。

ストロークにおけるトップスピンをサーブの打ち方であるオーバーヘッドで実現する事。回転軸の違いにより「スライスサーブ」「スピンサーブ」になります。

「スライスサーブの打ち方」「スピンサーブの打ち方」と我々は"決まった打ち方"で理解したがりますが、"物理現象であるボールが飛び、回転がかかる事" から考えれば「要件が満たされれば打ち方に関係なく再現する」と認識することも大事だと思います。

ストロークやボレーでのスライスと回転方向が逆なのにスライスサーブなのが紛らわしいですが、スライスとはその名の通り「切るような」打ち方 (卓球で言うカットとか) の事であり回転方向を指してはいないという事ですね。

因みにですが、

我々が"回転をかけないという意味"で使う『フラットサーブ』は事実上有りえません

重力や空気抵抗等の諸条件を無視したとしても、身長2mの人がベースライン中央付近からネット中央の最低部を最短距離で狙うサーブを打つ場合、ネットの上、約10cmの空間を"必ず"通過しないとサーブは入らない計算になります。

ボールの直径は6.8cmほどで通過時のネット白帯との隙間は3.5cm位です。

そんな精度でサーブが打てるハズがないので、我々が回転をかけなという意味で言う「フラットサーブ」は我々がコントロールできない空気抵抗や重力でたまたま入っているだけ。2回に1回入らないだけで負けてしまうサーブで自分がコントロールできない要素に頼る選択肢は有り無いです。テニスは確率のスポーツでミスの確率を減らす所からすべてが始まりますね。

強く打つとライン内に収まらないから皆トップスピンをかけストロークを打つ訳で、サーブで打つ程度の打点の高さでは、ベースラインから回転をかけずに速度のあるサーブを入れる事はできません。

我々がフラットサーブの打ち方として学ぶ"オーバーヘッドのショット"が使えるのはネット近くで打つスマッシュ位だと考えます。

2. リリース位置の違い

サーブ同様に横向きの準備段階から身体を回転させつつ腕を振る訳ですが、ボールをリリースする際のピッチャーの身体の向きは完全にキャッチャー方向に正対した状態です。

Embed from Getty Images

これは『手に直接ボールを握って投げると言う事』と前述の『逆向きの浮き上がる回転でストレートを投げる事』が関係しています。

目標方向に"まっすぐ"最後までボールに力を加えて飛ばす、回転方向も目標に対してまっすぐな順回転であるためです。(人により力を加える角度や向きが異なるのでナチュラルに曲がる等の変化はあります。)

これをテニスにおきかえると「厚いグリップでオーバーヘッド系のショットを打っている状態」です。

写真のフェデラー選手は厚いグリップで打っている訳ではないけれどこんな感じ

Embed from Getty Images

更にピッチャーのストレート(4シーム)は「この打ち方で逆向きの浮き上がる回転をかけている」状態となります。

時折、グリップ側を先行させてラケット面でボールの下側をこするようにして逆回転のスーっと伸びていくサーブを打つ方が居ますがそれに近いです。

このような打ち方をしても誰もが思う「速いサーブ」は打てませんね。

「ボールに指をひっかけて最後まで回転をかけつつ力を加える、ボールが伸びてキャッチャーミットまで届く方が望ましい(だから逆向き回転をかける)投球」と「ボール速度を保ったまま順回転をかける事で意図的に距離を短くしないといけない(順回転は軌道を上げネットを越すのに都合が良い)サーブ」との違いです。

サーブに必要な順回転系を打つには、ストロークにおけるスライスとスピンの関係性同様、前に強く力を加えられる打ち方が必要です。

スライス --- ストロークにおけるスライスは伸びていく回転なので肩を視点に腕とラケットを引き下ろすようにして打つ。打点を近く取れ、この打ち方に向いているからスライスは薄いグリップで打つ。

トップスピン --- トップスピンは速度が遅いとすぐに落下してしまう回転。ボールが落下する前に目標地点まで届かせるために"ボール速度"が必要で、ボール速度は"ラケット速度"と"厚い当たり"で生まれる。結果、テイクバックの速度ゼロから身体全体を連動させ、瞬間的にラケットを加速させる「目標方向に前進さえる (前に振る)」スイングとなる。

因みに、サーブを教わる際に必ず

「サーブは(コンチネンタル等の)薄いグリップで打つ」

と言われますが、

「なぜ薄いグリップで打つのかは案外曖昧なまま」

ではないでしょうか?

説明としては「その方が回転はかかりやすいから」とかなんとか。

「何で回転がかかりやすいの?」と思いますよね。

同時にサーブを打つ際の僅かなグリップの違いも許さない感じ。

例えば「コンチネンタルグリップなら回転がかかるけどイースタングリップだとかからない」といった事が起きるとも思えません。

「コンチネンタルより薄く握れば余計に回転がかかる」も同様です。

グリップの違いではなくそれによって何が変わるのかの方が大事であり、その事とこのリリース位置(打点)の違いが関係するのだと考えます。(話が反れるのでこの点は別の機会に書いてみたいと思います。)

3. ラケットの有無

手に直接ボールに握って投げる投球動作に対し、テニスでは手に持ったラケットでボールを打つという違いがあります。ラケットの長さ (グリップ部の手の上からフェイス中央付近までの長さ)分、身体から離れる訳です。

敢えて変な言い方をするなら、手首の先にもう一つ前腕(肘から手首まで)が付いているような違いが生じる中でどう腕を振っていくのかと考えるとサーブを考える視点が変わるかもしれません。(ラケットを持つ、ラケットを振ると考えている中で皆うまく打てない訳ですから)

ラケット自体は腕のように大きく捻れたり角度が変わったりする訳ではないので"握った手の状態変化が反映されるままにラケットが動いていく"訳ですが、手部分での僅かな角度の変化でもラケット分の距離がその差を大きな移動とします。

サーブを打つ際にラケットがどう動いてボールに近づいてくかを実感するのは難しいので、手や腕の変化とラケットの変化の両方がどう結びつくか考えていきたいです。

その辺りが手に直接ボールを持って投げる投球動作との違いを生みます。サーブの話になると必ずあがる「プロネーション」辺りもこれに関係するでしょう。(腕の捻れ動作ではあるがそれがラケット分の長さで大きな動きになる。)

 

  •  
  •  

 

今回はサーブにおけるラケットの担ぎ方を考える

最初に書いたように全身運動と言えるサーブの動き全体を見てその動きを理解しようとするのは難しいです。

まずは個別の動作を確認していき、それらの理解を組み合わせていく事で全体を考えていく手順を踏んだ方がよいでしょう。それは同時に個別の部位の動作を確認すればサーブが良くなる訳でもないという事を指しています。それは"コツ"に注目するのと全く同じです。あくまで"自分の理解を深めるための一過程"だと言えます。

今回は"ラケットを担ぐ"際の腕の状態だけを見ていきたいです。

なお、書いている事は全て私が「サーブの上達に向けてこういった事はどうだろう」と個人的に考えたことです。色々な情報を参考にさせていただいていますが専門家の指導や助言を受けたものではありません。間違っている理解も多々あると思いますし、これが正しいといった主張でもありません。読んで感じる事があっても同じように一度ご自身で考えてみていただきたいです。練習では日頃から打ち方を見ているコーチに教わるべきだと思います。改めてですがこの点述べさせていただきます。

腕を担ぎそれが戻る事で腕が振られる (腕を担ぐまで)

ボールを投げる際の腕の使われ方から考えていくとこういう流れだと考えます。

 

1. 下げた状態の利き腕を肘を引き上げるように持ち上げていく。

身体の前側で左右に手にボールとラケットを持った状態からラケットを持つ利き腕、ボールを持つ非聞き腕を上げていきます。

その際、ラケットを持つ"手"からではなく、肩から肘までの"上腕"を動かしてあげていくことになります。これはその後に行う "腕をしっかりと強く振る" 腕の使い方に繋がります。(腕全体が伸びてしまうとこれが難しくなるためです。)

なお、利き手親指が下、小指側が上を向く(ヘッドが下を向く)状態に腕を捻っていると肘から上げる感覚を得やすいですが、これ自体は肩から上に上げた以降と直接の連動性がないとは思います。

 

2. 肩辺りまで腕を引き上げると肩周りの関節に阻まれて腕は上がらなくなる。

上腕を中心に腕を上げていくと肩回りの関節の制限で肩の高さまでしか上がりません。更に上げるには肩甲骨等、肩回りの関節の向きを変える必要があります。

その場合でも上腕が上がるのではなく単純に言えば肩回りの関節の向きが変わる事で腕が上がったように見えるだけです。

 

3. 腕にロックがかかった位置から、肩甲骨が後傾、外旋、内転し、肩周りの関節の胸側が上を向く。同時に上腕(肩から肘まで)を外旋させる事で前腕(肘から手首まで)を身体の手前側から引き上げられる。

2でも述べましたが、手と手に持つラケットは上腕を上げる事ではなくその回転により持ち上がっていくという事。

肩甲骨 (Wikipedia)

Shoulder blade2.gif

 

4. これにより投球動作で言う"腕を担いだ"状態、サーブで言う"トロフィーポーズ段階"の利き腕の状態(ラケットを担いだ状態)になる。

サーブを打つ際に言われる、前腕と上腕(肘)が90度、身体と上腕(脇部分)が90度、上腕と胸が180度前後を保った状態になり、この状態になる事で腕が強くしっかりと振れる準備ができる。

 

参考にさせていただいた動画

JBS武蔵さん

クーニンTVさん (3:15~ 辺りから)

後者の方が専門的で多少表現が異なりますがほぼ同じ事を言われていると考えます。

ボールを持つ手は肩位置まで上げた上腕(肘)を支点に回転させ、前腕部を身体の前側から上げていくという事ですね。 

 

  •  
  •  

 

腕を担ぎそれが戻る事で腕が振られる (担いだ腕を振り始めるまで)

続いて、肩よりも上に担いだ腕(手・ラケット)を、身体を回転させる動作の中で前方に向けて振っていく所までです。 

トロフィーポーズ前後で目標方向に対して身体の後方にある腕を身体の回転で前方向に振っていく(ラケットがボールに向けて動き出す)事になります。

腕(特に肘)の向きが変わるので「腕の切り替えし」とか言ったりしますね。

回外・回内の確認

外旋・内旋の確認

 

1. 肩よりも上がっていった前腕は、回外(親指側から手の平が上を向く方向に前腕が捻じれる)しラケットヘッド側が上に上がっていく。

 

2. 身体の回転が始まり肩に繋がる上腕(肘の位置)も動き始めるが、慣性の法則でその場にとどまろうとするラケットに引っ張られる事で、前腕の外旋(しなり)が起きる。  

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

身体の回転で腕が動き始め "腕の切り返し" が起きる。その場に留まろうとするラケットが前進しようとする手や腕を後方に引っ張ることで「ラケットダウン」の状態が起きる。「ヘッド側を背中に落とす。ラケットダウンをする。」という行為自体が不要という事。

 

3. "腕を後方へ引っ張られる慣性の力"と"身体の回転で腕を振り始めようとする前向きの力"の力のベクトル差・腕を振り上げた反動で前方向に動きだす際、"腕の回外が一瞬強まる"。

この後、腕を振っていく動作に対し、この回外の反動として回内(プロネーション)が起こっていく。回内を自分で起こす必要がない。

 

 鈴木孝雄選手のサーブ時の動作説明1

 鈴木孝雄選手のサーブ時の動作説明2 

 

4. ラケットが留まろうとする力よりも腕を振ろうとする力の方が強いのでラケットは腕に引かれて後方から追従し始める。身体・肩・上腕に引かれ、3の回外の反動も含めて前腕は逆方向である回内(プロネーション)方向捻じれる中、腕とラケットは前方に振られていく。

ラオニッチ選手

Embed from Getty Images

ラオニッチ選手はラケット振り出し時の回外が他選手よりも強いのが特徴です。写真を見ても前腕が捻じれて腕よりもラケットヘッド側が"外側"に来ている事が分かります。

腕の柔軟さ、リラックスした状態、強い捻じれ等が組み合わさったものであり、スムーズなスイングができないと回内方向にラケットが戻ってくるのがインパクトまでに間に合わなくなります。繰り返しますが一部分だけをマネすれば良いというものではないということですね。

 

  •  
  •  

 

今と昔の「ラケットを担ぐまで」

野球の投球では

「肩でロックがかかり、肩甲骨が動いて上腕が外旋して前腕が持ち上がる(ボールが上がっていく)際、肘の角度は90度以内から広がる」

方が望ましいようです。

伸ばし気味に腕を上げて肘を90度近くに戻して担ぐより、体の中心側から前腕を上げていく事で90度未満から90度近くまでもっていく方が腕の振り出し時に肘等に負担がかかりにくいという考え方。(一例。所説あると思います。)

Embed from Getty Images

昔は『担いだラケットを背中側に落としたラケットダウンの形』 を意図的に作らせ、「背中をラケットで掻くような動きをする」と教わりました。

また、ラケットダウンの動作がスムーズにできるよう「ラケットを持ち上げる反動で背中側に"ストン"と落とせ」と言われ、トスを上げる手も含めて両腕を伸ばすように上げる "バンザイサーブ" と呼ばれる打ち方もありました。

1990年代の代表選手であるヒンギスさんの打ち方はまさにその当時の説明を反映させたものだと感じます。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

当時は「女性は筋力が弱いから」という決めつけでこういう打ち方を強制させていた気がします。

男子トッププロを見てみる

今回のラケットの担ぎ方を確認するにあたり、男子トッププロのサーブをスローモーションで見てみました。

マレー選手

 ラオニッチ選手

この2人は特に顕著な例ですが身体の前側から前腕を引き上げて(ラケットを担いで)きます。

フェデラー選手 

ナダル選手 

この2人は少し伸ばし気味に腕を上げてきますが、腕が肩にロックされ、肩甲骨と上腕の回転が始まる辺りで肘の角度を90度近くに戻し、それ以降は身体の前側から前腕を引き上げるように変化する感じです。

4人ともサーブは安定している選手ですが、最初の2人の方が動作自体がよりシンプルに見える印象です。

アンディ・ロデックさんのサーブ

上腕を回転させることでラケットを持つ手と前腕を持ち上げる打ち方といえばアンディ・ロデックさんがそうだったと思います。

Embed from Getty Images

ロデックさんのサーブはいわゆるクイックサーブなので、時間の少ない中、打つ準備をするのに自然とこういうラケットの担ぎ方に行き着いたものだと思います。

アメリカンフットボールでボールを投げるフォームを参考にされたと聞きました。 

トロフィーポーズという"形"を作れば良いというのは少し違う 

サーブ練習では『トロフィーポーズを作る』よう説明されます。

ただ、今回も参考にしているピッチャーの投球を考えれば、振りかぶって投げ終わるまでトロフィーポーズのような完全な停止状態はないです。(2段モーションも完全な停止ではなく何処かしらが動いている。陸上のやり投げも同様です。)

今回上げた点などから投球とサーブには相違点があるとは言え、

「腕を強くしっかり振る動作に停止は必要ない」

事は推測可能だと思います。

「トロフィーポーズをしっかり作って力を溜めるんだ」

と言われたりしますが、トロフィーポーズが存在する大きな要素としては、単純には

「トスしたボールが落下してくるのを待っている時間」

だと考えています。

この事は (ありえないので想像しづらいでしょうが)、

「トスしたボールではなく、空中の一点に停止して動かないボールをオーバーヘッドで打つとなれば、皆わざわざ『トロフィーポーズ』を作り長い一時停止をしたりしない。腕を振る一連の動作で打ってしまうはず。」

というる事で分かります。

つまり、トスを必要以上に高く上げず、自分の打ち方でラケットが打点の位置を通過するタイミングに見合った高さで上げれば、ボールが落ちてくるのを待つ時間は不要となります。

もちろん、打ち方やタイミングは人それぞれなので

「皆がロデックさんのようにクイックサーブで打てば良い」

という意味ではないです。

これと同時に

「トロフィーポーズが"腕を強くしっかり振るために必要な停止動作"でない」

とすれば、ピッチャー同様に

「トロフィーポーズを作れとは一連の動作の一過程を切り取って静止画として見ているだけ」

だと考えられます。

プロ選手がサーブを打つ様子が高解像度、スロー再生で見られなかった雑誌にのる連続写真でしかサーブの打ち方を学べなかった時代の思考から進んでいないという感じでしょうか。

写真のような "形" で考えるのではなく、身体全体を使って腕を強く振る一連の動作はどう繋がって実現しているのか、動画を見るような思考で考えていく事が「現代に見合った上達への道」かもしれません。

サーブをどう打つか考えるのは難しいので、部分、部分を考えていく事で自分なりに全体を組み立てていく、理解していこうとしていきたいですね。