ボールを打つ際の体軸の位置や傾きといった話 (テニス)

最初に

思い付くままに色々書いてみようとしていますが、最近はなかなか筋がまとまらず書きたい事で内容が膨れ上がるばかり、下書きばかり増えています。

ブログだと検索結果から特定の記事だけを読まれる方が多いです。YouTubeのように「過去の記事を見ている方なら分かるよね」的な進め方ではなく、1つの記事に必要となる情報を出来る限り盛り込んでおきたいです。結果、似たような説明ばかり繰り返す、文字数がどんどん増えるという結果になっています。

日々気づく事は増えていきますし、精査は悩み所です。

ただ、元々、自分の理解のため、上達のために書いているものなので多少まとまりがないままでも出来るだけ公開していこうかと思います。(書いてある内容が分かり辛かったらすいません)

体軸が傾いたスイング

私が行っているテニススクールでこういうテイクバックからの打ち方をされる方が居ます。身体の軸が前傾した下からボールをのぞき込むような姿勢です。

その意図を聞いた事はありませんが、想像ながら「スピンをかけるためにボールの下からラケットを振り上げよう。そのためにボールを下から見よう」といった意識からのものかなと思います。

この例を上げたのは『身体の軸とラケットが動くスイング軌道のズレ』が安定したストロークが出来てないない、ネットやフカしたりする要因だと感じるためです。

この方のスイングの特徴は

「体軸を前傾させている状態でもラケットは縦方向にまっすぐ下から上に振ろうとされる」

という点です。

横向きの状態からスイングするには身体を回転させて正面方向を向く必要があります。

横向きを取り、利き腕肩が後方にあるままでは、想定する打点位置でうまくラケット面をボールに向けられないためです。 

ボールを飛ばすのはボールとラケットが持つエネルギーの組み合わせ

ボールを飛ばし回転をかけるために必要なエネルギーを生むのは大きく分けて、

1) 速度を持って飛んできたボールが持つエネルギーをラケット面で反発させる

2) ラケットを加速しラケットが持ったエネルギーをボールに伝える

の2つです。(エネルギーの大きさは『1/2 x 重量(ボールやラケット) x 速度 ^2 (2乗)』 で計算されます。)

この2つの要素から、

・時間の無い中、ネット近くの飛距離が重要でない状況で打つボレーは、ほぼスイングせずに主に1で打つショット

・自分でトスしたほぼ速度ゼロのボールを打つサーブはほぼ2を使って打つショット

・ストロークでは飛んでくるボールの速度によって1と2の両方をバランスよく使う

という感じになります。

フォアハンドでも「打点が大事」と言われるのは、自らラケットを加速させボールを飛ばし回転をかけるエネルギーをボールに持たせているが、同時に飛んでくるボールのエネルギーもラケット面で支えないといけないからだと考えます。

インパクト面の精細さはボレーと同様という訳です。

Embed from Getty Images

体軸が傾けば両肩が動く軌道も傾く

身体を回転させる軸は骨盤から頭までの背骨の部分であり、体軸が回れば両肩は体軸と直角のラインで身体の周りをまわっていきます。

利き腕肩が回れば、肩に繋がる上腕 (肩から肘までの部分) もその軌道で動きます。

Embed from Getty Images

スクールで見かける方のように「傾いた体軸に沿って身体を回転させる中でラケットを "縦に" 振る」という事は、身体の回転と腕の振りが別の方向性(移動軸)で進む、連動していないという事です。

これだけを聞いてもボールを打つ際の不安定さを生みそうな要素だと感じますね。

 

  •  
  •  

 

フォアハンドストロークを再確認

フォアハンドを打つ際は、身体を捻じる、スタンスから横向きを取る等して正面向きの状態から利き腕肩の位置を一旦後方に下げる

そこから身体を回転させて利き腕肩の位置をインパクトに適する体の前側に戻す距離を加速に利用しているのがバックハンド側と違う特徴です。(バック側は利き腕肩がずっと身体の前側にあり変わらない)

フォアハンドのテイクバック  フォアハンドストロークのフォロースルー

バックハンドのテイクバック 両手う打ちバックハンドストロークのフォロースルー

腕は身体の外側から内側に柔軟に曲がるのでフォアハンド側ショットではそれをスイング軌道の補正やスピンをかける動作 (ワイパースイング等) に利用しています。

腕関節の曲がり方1 腕関節の曲がり方2 腕関節の曲がり方3

ただ、それが行えるのは身体が回転し利き腕肩が身体の前側に出てきたスイング後半です。

よく「腕の力は弱いから "身体全体を使って" ボールを打て」と言われますが、フォアハンドストロークのテイクバック(速度ゼロ)からの初期加速段階では、慣性の法則でその場に留まろうとするヘッド側にグリップを握る手はスイング軌道後方に引っ張られ、"腕は積極的に動かせない" からです。

Embed from Getty Images

「利き腕肩に近い位置に置いた利き手が身体の回転に伴い利き腕肩が前に進んでいくのに合わせて追従していく。その際、肩が動くから腕も前進するもので、ラケットに引っ張られる腕は積極的に動かせない。」と言えばイメージが湧くでしょうか。

一つ補足としては、昔風のグリップを握った手が身体から離れたテイクバック、脇が大きく開いた大きなテイクバックを取られる方はスイング初期にグリップの位置を利き腕肩の近くに引き寄せるという動作が "一工程多く" 必要となります

積極的にスピンをかけず、薄いグリップで重いラケットをボールにぶつけるようにまっすぐ打っていた昔は「肩を支点に腕を前に振れ」みたいな腕主導のスイングで良かったのですが、ラケットが軽くなり誰でも強く速く振れスピンもかかる、打ち合うボールの速度も増した現代では、腕ではなく身体の回転を主体に "大きな長いスイング" より "瞬間的に強く加速させるスイング" で打つ方が理にかなっています

フォアハンドストロークのフォロースルー

錦織選手やフェデラー選手のテイクバックが "コンパクト" だと言われますが、身体の回転を使ってラケットを短い距離で瞬間的に加速させるならインパクトに近い状態でグリップや腕は利き腕肩の近い位置にある方が良いからだと考えます。

Embed from Getty Images

スイング初期に "一工程" 増えるこの引き寄せは身体の回転でラケットを加速させる動作と繋がりません。(引き寄せる。体の回転。フォロースルーに向けて再び離れていく。最初の引き寄せと終盤の離れていく動きは体の回転時に分離されている感じ。人により捉え方は違い、繋がっていると感じる方もいるでしょうが、利き腕肩に近い位置からでも同じように振れる訳なので。)

その後は身体の回転により利き腕肩の位置が身体の前側に移動していくのに腕は付いていくだけです。身体が回るので腕が動いているように見えますが実際には利き腕肩と腕の位置関係はほぼ変わっていません。

省略できるのなら最初から無いスイング過程にする事で準備時間、打つまでの時間が短縮でき振り遅れやハーフバウンドの処理にも有用です。現代的なテニスに合ったフォアハンドと言えます。

体軸を傾けて打つトッププロは居る

トッププロの中でも体軸を前傾させたテイクバックからフォアハンドを打つ選手は居ます。

ジャック・ソック選手

フィリップ・コールシュライバー選手

ダニエル・エバンス選手

野球のアンダースローのように傾いたテイクバックのまま打つ訳ではなく身体を引き起こしながらスイング軌道を調整しながら打ったりしている印象です。

その点では最初の例の方にも共通しますし、もしかすると私が見るその方はソック選手辺りの打ち方を参考にされているのかもしれませんが、回転する体軸の傾きとラケットをスイングする軌道の擦り合わせ具合がプロとの違いかもしれません。

こういった打ち方の特徴としては斜め下から巻き込むようなスイングからくる斜めに曲がり落ちるようなスピンがかかったボールになります。ソック選手はこの打ち方と球質を活かした逆クロスが得意ですね。

でも、若手選手に多く見られる傾向でベテラン選手になる程見られなくなるのは、身体への負担やプレイ全体を考えた場合の安定性を考えるとメリットよりでメリットの方が多いためだと考えます。

頭が傾けば視野が傾き、ネット、コート、ボール、相手の位置が全て傾きます。

打った後に身体を起こして構える訳でフォアだけ傾いて打つ、その傾き方が打つたびに違うようならデメリットと考えるのは妥当です。

 

  •  
  •  

 

頭の位置は常に両足の間にある事が望ましいという話

人の頭部はボーリングのボール1個分位の重さ(5kg程)もあるので、両足で身体を支えられる状態、歩幅よりも外側に頭が出るだけでバランスを崩してしまいます。

テニスでは「プレイが止まるまでは両足の間に頭がある状態を保つ」のが重要な事なのです。

Embed from Getty Images

「体軸を地面と垂直に保つ (身体を傾けない)」は色んな意味があり、それらは身体の使いかから来るものなので、それを理解しないまま「垂直・垂直」と思っていても意味が半減しますが、逆に身体の使い方や仕組みを理解すれば体軸を保つ事の意味がボールを打つ事と繋がり、"自分で自分のテニスを上達させるため" に自身の理解が深まります。

テニスでボールを追う際、色々な種類の足の着き方、使い方 (ステップ) がありますが、それらも体軸を適切に保つのに関係してきます。

よく「フェデラー選手はインパクト後も打点の位置を見続けている 。ボールを良く見るというお手本だ。」という話を聞きますが、

正確に言うなら

「正面向きの構えの段階から、飛んでくるボールを顔の中心で捉えて両目で見ている。それはボールを追う際、ボールを打つ際、ボールを打った後も常に変わらない。」

というのが適当かなと考えます。

Roger Federer in Super Slow Motion | Forehand

体軸を保つ事が正確な視野情報、身体の状態把握、適切な距離感と移動、より正確なインパクトをもたらします。

全てがスムーズに、より正確にボールを打つという事に繋がっているのです。

両足の間に頭、体軸があれば良いのか?

「頭部は重いのでプレイ中は両足のスタンスの間に位置させて置くことが望ましい」と書きましたが、ただ立っている訳ではなく移動もしつつラケットを振って様々なボールを打つ訳なので単純に「両足の間にあれば良い」と言えないのが難しい所です。

プロ選手の試合を見ていても同じような傾向を感じる場合があります。

ケビン・アンダーソン選手 

Embed from Getty Images

ジョン・イズナー選手 

Embed from Getty Images

彼らの共通点は背が高い大柄な選手という点ですが「それも関係しているけどそれだけでもない」という感じです。

私が感じる傾向というのは

『常に両足の中央に体軸がある状態でボールを打とうとしている』

という点です。 

体軸が身体の中央にあるとうまく身体が回せない

人の身体は良く出来ているもので、広げた両足の中央に体軸があると骨盤から上の上半身部分しか回せないのです。

このしっかりさは左右から安定的に身体を支えるためのものです。

横向きを取って利き腕肩の位置を下げ、身体の回転でそれを戻す距離で瞬間的なラケット加速を行いたいフォアハンドでは身体が回しづらい事は不都合です。

昔から

「フォアハンドは(前に)体重移動をして打て。そうしないとボールに打ち負ける。」

と言われる事がありますよね。

スイングする際、身体の回転軸となる体軸を "踏込み足側に脚上に移動させる" 事でフィギュアスケートのスピンのように "足先から頭頂部までが1本の軸となる"事でスムーズに回転できるのです。

 

私はこれが「体重移動して打たないと打ち負ける。」の話を表していると考えています。体重移動と言うより回転軸、中心軸を身体が効率的に使える状態にしているものです。

逆も然りで、後ろ足体重で深いボールを打つ際等は、後ろ側の脚上に体軸を寄せる事で身体を回転させやすくします。

後方にのけぞる様な状態でもなければ右足一本でも十分強いボールは打てます。「体重移動しないと打ち負ける」には当たりませんよね。

オープンスタンスだと体軸が "身体の前側"にあり変わらないが

オープン系のスタンスでは、正面を向いた構えの状態から股関節から上を捻る事でテイクバックを取り、その捻りを戻す事でスイングを行う打ち方を取ります。

フォアハンドのテイクバック

フォアハンドストロークのフォロースルー

ボールを追う際、スタンスから横向きを取るより準備の時間、打った後に戻る時間などを省略できるので速いボールを打つ必要があるプロ選手が多く使いますが「どこからがスクエアスタンスでどこからがオープンスタイスなのか (右足前、左足前、両足の位置関係も) 」という話で、身体を捻じり戻す事をラケットの初期加速に使おうとするなら両足をどう地面に着いているかはあまり関係がありません。逆に「オープンスタンスだから強いボールが打てる」と考えてしまう方は、スタンスから横向きを取っても、オープン系のスタンスを取っても、体を強くねじり戻しできずに正面を向いたまま打つ事で "オープン系スタンスの省略している部分" が悪く出てしまう事が多いです。見た目ではなく身体の仕組みや使い方から考えるのが重要という例です。

速度を持って飛んでくるボールの持つエネルギーを反発させるのにフォア側で適した態勢は「利き腕肩が身体の前側にある状態で肩から遠くない範囲の位置でボールを手で(ラケットを通して)推し支えられる」ような態勢です。

 

前述したように、速度がほぼゼロのボールを打つサーブと違い、ボレーやストロークでは相手のボールが持つ "飛んでくるエネルギー" も反発させる事で飛びや回転、方向性に活かす必要があります。

このように腕が伸びた状態は、壁を押すように、足の力を使って1点を強く押し続けるのには向いていますが、ラケットを操作する腕の柔軟性には欠けます。 

 

「グリップは厚いほど良い」と言われたりします。

厚いグリップで打点を前に取ろうとする意識から、体は回転から完全に正面に向ききり、腕を前方に伸ばした状態でインパクトしようとする方(学生さんとか)が居ますが、ボールを飛ばし回転をかける為のラケットのエネルギーはインパクト時の速度で決まるので初期加速が衰えない範囲で接触させたいです。ラケットが体の横、利き腕肩を過ぎて以降、それまでのラケットを加速させる、加速を保つ要素は無くなります。(後述)

ウエスタングリップより厚い位で打っているジョコビッチ選手、錦織選手のインパクト位置を見ても、グリップの厚さからイメージするより体に近い位置でボールを捉え、踏み込み足が横向きの状態を保って打っているのが分かります。

Novak Djokovic in Super Slow Motion

ジョコビッチ選手を見ても打ち終わってから左足のつま先がクイっとネット方向に向きを変えるのが分かります。身体全体が正面向きのまま打っていないという事です。

ボールを打つ際、速くボール方向に体を向けてボールを見たいですよね。でも、それとボールの威力は相反する訳です。サーブ等でも「体が開くのを我慢しろ」と言われますし、フォアハンドでも「身体が開くのが速い」と注意もされますね。

さて、いずれにしてもオープン系スタンスを使う場合は、回転軸が最初から身体の前側にありそのままボールのエネルギーも押し支えられるので、スタンスから横向きを取る打ち方のように「体軸を両足のどちら側に寄せるか」といった問題点が無いように見えます。

そう感じる理由は分からなくても、この点から「オープンスタンスの方が打ちやすい」と感じる方も居ると思っています。

バギーホイップを使わざるを得ない選手達

アンダーソン選手やイズナー選手の試合を見るとこういうシーンを良く見ると思います。 

 

身体に近いボールを身体の正面でラケットを上に振り上げるようにして対処する打ち方です。

打ち方自体はバギーホイップとか言ったりしますが、打ち方ではなく状況の方が重要で、テニスの指導でも良くない意味で言われる「両足が揃ってしまった状態」になっています。

「ボレーは2ステップで打つ」と言われますが、ボールを打つ際の最終的な距離感は軸足の位置から踏込み足を出せる距離がポイントになります。

Embed from Getty Images

これはボレーの最後の踏込み時に限らず、ボールを追い打つ体勢に入る際の "外側にある足"、"後ろ側にある足" が文字通りの軸足になる訳です。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

軸足をきっちり決めるにはこの足に体重をある程度偏ってかける必要があります。両足に均等に体重がかかっていたら一方の足に力を込める、強く地面を踏むのが難しいのは何となく分かりますね。

回り込みフォアハンドを打つ際等、両足の中央に体軸があるこのような状態で "足首から先を動かすような細かいステップ" で横移動をしつつ周り込む事がありますね。

回り込み距離が短い、ボールが遅い、到達まで或いはバウンドしてから十分時間があるなら細かいステップでも良いかもしれません。

ただ、これらの余裕がない場合、もっと積極的に準備をしたい場合は、よりダイナミックなステップで回り込めば準備する時間が確保しやすいかもしれません。 

みんラボ フットワーク&巧緻性トレーニングメニュー

我々がテニススクールで教わる「ボールの打ち方」に組み込まれているのはスモールステップの方でしょう。

足首から先を使って位置調整をするような動き方ですが「小さいステップで位置を合わせる」と言われるだけで具体的な身体の使い方は明示されないし、別にビックステップのような移動の仕方がある事も教わらないですよね。

ビックステップ等はプロが必要性から近年編み出したようなもので伝統的な指導内容が続くスクールで教わらないのは当然かもしれません。知らないとテニスができない訳でもないですし。でも上達のためには「知らないより知っていた方が良い。考えないより考えた方が良い」です。(野村克也さんの著書『野村ノート』にこう書いてありました)

ステップにはクロスオーバー、キャリオカ等種類があったりしますが、咄嗟の場面でもスムーズに出来るようになるのは意識をもって練習を繰り返す事かと思います。

アンダーソン選手やイズナー選手は周り込みフォアハンドを多用しますが、

身体が大柄で各パーツに重量がある事で両足の間に体軸や頭が位置しているものの、ボールに合わせてダイナミックに重心位置の移動ができない事でフットワークの幅や柔軟性を狭めている

のかなと想像します。

Embed from Getty Images

「目標に対し、両足が揃って、ややお尻が後方に下がったような姿勢」

常にこの状態からフォアを打とうとすれば回り込みフォアハンド主体のような細かいステップを多用するプレイスタイルにはなりそうです。

 

  •  
  •  

 

身体の大きさが問題な訳ではない。それが我々が参考にすべき点。

彼らに近い2m近い身長でも、190cm未満の選手程と変わらない速さでボールを追えるフットワークを持つ選手も居ます。例えばデルポトロ選手ズベレフ選手等です。

身体を動かす機敏さは190cm未満の選手程では無く、体格相応にややゆっくりとした動き方にも見えますが、1歩みのスライドの長さを利用して目的の場所への到達時間を短くしている感じでしょうか。

ズベレフ選手はフットワークにややバタバタ感があり、ボールへの予測、重心の位置、1歩目を踏み出す際の体重のかけ方の問題などからドロップショットが極端に弱いという欠点 (3セットマッチでフェデラー選手に5-6ポイントドロップショットを決められたり) がありましたが、2018年シーズン後半にかなり改善されてきている気がします。

イズナー選手やアンダーソン選手との違いはボールを追う際の姿勢に現れます。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

両足のスタンスの間に体軸や頭のある安定した態勢でも、片方の足側に体重をかける、回転軸となる体軸を寄せる事でボールを打つ際の身体の安定性、ボールを追う際の強い踏み出しを実現しているのだと考えます。

デルポトロ選手、ズベレフ選手共に長身を活かしたサーブを打ちますが、基本的にはストロークメインの選手です。

デルポトロ選手は南米アルゼンチンの方ですからクレーコートで育ち鍛えられたのでしょうし、ズベレフ選手はドイツですから芝からクレーから色々経験していると思います。この辺がボールを追う際の動きに出ているのでしょうか。 

イズナー選手やアンダーソン選手はフォアの強打も打ちますが、飛んでくるボールに対し位置調整をしきれずにその場で態勢を崩しながら何とか打つといったシーンも多いです。(以前のズベレフ選手に近い、予測、ポジション取り、大きなステップ含め強く移動する事等でしょうか。)

頭の位置を両足のスタンスの外側に出さない、体軸を常に立てた状態を保つ。その上で強く移動する、強いスイングを行うために体軸の位置や足の重心をかけるようなダイナミックな動きも重要になると考えます。

初心者の方はべた足でカニ歩きのような横移動でボールを追ったりされますね。

速度が遅く変化量も少ない球出しのボールであればそれでも大きな問題が出ないですが、ステップアップを図る際いつかのタイミングで身体の使い方について考える必要が出てきます。

「速いボール、変化するボールに対応できない」は技術だけの問題ではないのです。

体軸が両足の中心にあったとしても腕、ラケットがその円周軌道を動く訳ではない

ここからはちょっと難しい話をします。

身体の回転とラケットのスイング軌道は同一円周軌道とは限らない

スイングする際の回転軸となる体軸が "両足の間" にあるとしても、フォアハンドを打つ際、テイクバックで一旦下げた利き腕肩を回転で身体の前側に戻す動きと連動したラケットの進む軌道が青い線のような体軸を中心とした円周軌道であるとは限りません。

身体の右側を"壁"のように意識して赤い線のように直線的に利き腕肩を出すという事が可能だからです。

人の身体は骨と筋肉が複雑に組み合わさり動いています。

カカシやロボットのように両腕が一本の棒状に繋がっている訳ではなく、両肩の関節 (肩甲骨等)は左右独立して動きます。この仕組みを使えば下図のように身体を捻じって腕を突き出す動きができます。

両肩と股関節の左右を結んだ身体の右側、左側軸を股関節を折り込むような動作で前後に入れ替えるような動きです。

空手の正拳突きやボクシングのストレート等もこんな身体の使い方かもしれません。

これを単純に"身体の回転"とは呼べないですよね。

"身体の正面" はどこを向いているか?

テニスにおいて多くの情報をもたらすのは目からの情報ですから、フェデラー選手のように「相手が打つ様子、打ったボールを目で追いながら移動しつつ準備をしたい」のですが、単純に身体を回転させて横向きを作ってしまうと、顔の正面、両目で飛んでくるボールが見るのが難しくなります。

この図で言えば身体の正面はボール方向ではなく手前側 (右手側) です。

この図で言えば身体の正面はボール方向を向いています。

フォアハンドのテイクバック

身体の正面がどっちを向いているかは顔の向きではなく骨盤から首までの背骨の向きで見るのが妥当だと考えます。

体を捻じっていても体は正面方向を向いている、顔もそちらの向けやすいという事です。

 

  •  
  •  

 

慣性の法則で直進運動をし続けようとするラケットの動きを利用する

短い距離で瞬間的に強い加速を発生させる

物体であるラケットには慣性の法則が働き、止まった状態では "その場に留まり続けようと" し、速度をもって進む際は "その直進運動をし続けようと" します。

我々がフォアハンドストロークを打つ際、身体を捻じる、スタンスから横向きを作る等して利き腕肩の位置を一旦後方に下げ、ねじり戻し等で身体を回転させて利き腕肩を身体の前側に戻す距離をラケット加速に活かしているのは書きました。

フォアハンドのテイクバック

この際、「腕だけでなく身体全体で打て」の言葉通り、

テイクバックの速度ゼロ状態からのラケットの初期加速を担うのは、身体のねじり戻し、両足 (特に軸足。フォアなら右足)で地面を踏む事で得られる "作用・反作用の力"、手でグリップ側からラケットを引く動作等を組み合わせて瞬間的で強い初期加速を生みだしている

ものです。

足が伸びた腰高な棒立ちでは地面を強く踏めないですし、身体を捻じらず横向きから90度回転させるだけでは強い力は出せません。腕だけで振ろうとしても然りです。

これらを行うにはそれに適した姿勢や身体の使い方が必要となります。

スクールで教わる「ボールの打ち方」にそういった説明は言葉として含まれていないので自分で考える事になります。(考えない、根拠となる情報を探そうとしない方は、プロの見た目だけをマネする事になるのでしょう。)

加速したラケットは勝手にボールに向かって進む

フォアハンドにおいて準備段階で一旦後方に下げた利き腕肩を再び前側に戻すための手段として身体の回転 (先の例で言えば両腕の入れ替えも) がある訳ですが、仮に重量がほぼ変わらずラケットにジェットエンジンが付いたとすれば、我々がラケットをどう持とうが関係なく、ボタン一つで急加速してボールに向かい直進していくのは想像が付きます。(あくまで仮の話ですが。)

この急加速は、我々がスイングするよりはるかに速い速度です。我々が「身体の回転」やら「軸足で踏ん張る」等考えてスイング軌道を調整しようする余裕はありません。

「ボールが飛び回転がかかるのは物理現象でしかない」

ですから、一定方向に力がかかればボールは飛んでいきます。

我々がラケットを振りボールを打つ際、

「身体をどう動かすか、はボールに向かってラケットを直進させる手段であれば良い」

という見方ができる訳です。

打点は空中の1点ではないからインパクト前後はラケット面を安定させる

ボールとラケットが接触するインパクトの時間は0.003~0.005秒と言われます。人の反応速度は0.2~0.3秒と言われておりインパクトの瞬間を人が認識し操作することはできません。

スイング時ラケットは速度を持って前進しています。

仮にインパクトを0.004秒、ラケット速度を120km/hとするとボールとラケットは約13cm接触状態(触れて潰れて復元しつつ離れるまで)で飛び出す方向・角度に向け前進している計算になります。

インパクトは10cm強の幅で行われる

我々はグリップを握りラケット面を差し出して"打点の位置"を確認させられますが、実際には

「打点は"空中の1点"ではない」

と考えるのが妥当です。ここから

「13cmの幅 (ゾーン)で打っていると理解すれば、インパクトの瞬間を我々が認識、操作できない以上、インパクト前とインパクト後を含む 13cm +α の距離、ラケット面がボール方向、ボールを飛ばしたい方向、回転を加えたい方向に安定的に向いていないと正確なインパクトをし続ける事は困難」

という考えに至ります。

「インパクト前後を含む30~40cm位はラケット面を安定させるスイングを考える事が望まれる」という事です。

野球のバッティングでも言われますが、ボールを空中の一点捉えるのとスイング中の一定の幅(線・面)で捉えるのでは意識は違ってくるでしょう。

打点は空中の1点ではない

身体の使い方は機能や仕組みから考えて学ぶ。これとは別にラケットとボールで"物理現象"を起こす事も考える。

最初に述べた「体軸の傾きと腕の振る軌道のズレが安定したスイング軌道を阻害してしまう」という話。

次に伸びた「体軸が傾く、頭が両足の外側に出てしまうとテニスでは不利。ただ、背骨を軸とした身体の回転だけでラケットを振る訳ではないからこれらを理解した上で一歩進んだ考え方をするのが望ましい」といった話。

フォアハンドストロークが身体の回転に伴い利き腕肩を前方に戻す距離を加速に利用する以上、飛んでくるボールやコート・ネット等の情報を正しく目から認識させるため、頭が両足の外側に出る等してバランスを崩したりしてしまわないといった点も含め、体軸は地面と垂直に近く保つようにした方が適当だと思います。

そのためには状況に応じた適切なスタンス幅と移動含めて適切な足の動かし方、体軸を身体の中央に置き両足で支える状態だけでなく、移動やスイングに応じて体軸を両足のいずれかに寄せる、体重をかけるといった事も必要になります。

身体を回してスイングするにも、身体の回転 = 腕やラケットの円周軌道 ではなく、加速したラケットが慣性の法則で直進しようとする動きを活かして、加速を高める、安定的なスイング軌道、正確なインパクト面を構成する事も重要となります。

これらは初心者向けに説明するには難しすぎるかもしれませんが、ラケットを強く速く振りたくなった際には避けて通れない事柄になるでしょう。

(スクールで教わる基本には言葉として含まれないので自分で考えたいです。)

あまりまとまりがない内容になってしまいましたが、ある程度上達を目指すレベルの岐路でこういった内容が結構ポイントとなってくると思います。

ただ、沢山ボールを打っているだけでは現状を大きく乗り越えるのは難しいですからね。